都内屈指との呼び声が高い人気の隠れ家イタリアン!ディナーコースは\8,640(税込・サ別)〜
ほんとにこの先に店があるの?というほどの隠れ家中の隠れ家感!

自由が丘の駅から10分、静かな住宅街の先にその店はある。エントランスは「ほんとにこの先?」と心配になるほどの住宅の間の小路の先にある。

初めてならばほとんどの客は道に迷う、戸惑う。だからこそ小路の階段を下り、緑に囲まれた、その「隠れ家」を見つけられた瞬間、喜びに胸が高鳴る。そして店に入ってからは、さらに幸福に包まれることになる。

青山『アクアパッツァ』からキャリアをスタートさせたオーナーシェフ・宮木康彦氏。

仕入れにより日々変化するコースメニューは選び抜いた素材のよさをまっすぐ伝える、シンプルで魅力的な逸品ぞろい。



脂身が多く旨味が強いのが特徴の勝浦産「メヌケ」は皮目を炙って余分な脂を落とし、筍に合わせて饗する。宮木シェフもソムリエの田村氏も釣りが趣味なだけあり、魚を愛する熱量が伝わる一皿。



「スペイン産栗豚のロースト」どんぐりを食べるイベリコ豚よりも肉質がやわらかな豚。コクが強い味わいのため、トランペット茸にぴったりマッチする。バルサミコで酸味をきかせて。



シンプルの極み!「リングイネ・ペスカトーレ」
山ほどの魚介の旨味が凝縮した、絶品のパスタ!

「リングイネ・ペスカトーレ」は、魚の旨味の集大成。4、5種類の魚の頭や骨周り、貝類やエビを煮込んで、凝縮しきったソースをリングイネに吸い込ませる。

一見、実にシンプルだが、口にすると背景にある濃厚な魚の存在感を感じさせる、一度食べたら忘れられない一皿。カルダモンの爽やかな香りがいいスパイスになる。

「こんな店知ってるなんて、さすがね」その言葉が聞けること請け合いの、グルメな大人なら必ず押さえたい「本当の隠れ家レストラン」だ。



このささやかなライトが隠れ家レストランへの入口の目印。



店内へ入ると、静謐だがあたたかな空間が広がる。