(左から)ドナルド・トランプ米大統領、ジェームズ・コミー前FBI長官、マイケル・フリン前大統領補佐官(2017年6月7日作成)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)米連邦捜査局(FBI)長官を先月解任されたジェームズ・コミー(James Comey)氏は7日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領がマイケル・フリン(Michael Flynn)前大統領補佐官(国家安全保障担当)に対する捜査の中止を要請していたことを認めた。大きな注目を集める上院情報委員会公聴会での証言を翌8日に控え、爆弾声明を発表した形だ。

 コミー氏は声明で、昨年の大統領選でのロシア介入疑惑に対するFBIの捜査について、トランプ大統領が何度も話題にしたため、大統領が捜査妨害を試みている可能性について深く懸念するようになったと述べている。

 コミー氏によると、ホワイトハウス(White House)の大統領執務室(Oval Office)で2月14日、トランプ大統領と2人きりで会談した際、同大統領は「この件、フリン氏について、あなたが手放すことができるよう望んでいる。彼はいいやつだ」と語った。

「大統領は、フリン氏がロシア大使と12月に行った会話について虚偽の証言を行ったかどうかに関する捜査を全て停止するよう求めていると、私は理解した」とコミー氏は述べている。

 また1月27日にホワイトハウスで会談した際、「大統領は『忠誠心が必要だ。忠誠心を期待している』と言った。その後、ぎこちない沈黙が続く間、私は動くことも、話すこともせず、また表情も全く変えなかった」と説明。トランプ氏は同じ会談でコミー氏に対し、今の仕事にとどまりたいかどうか聞いたという。

 この声明は、すでにマスコミ各社が過去2か月間に報道してきた内容を裏付けるものとなっている。コミー氏は声明で、トランプ大統領自身は捜査対象となっていないことを保証すると同大統領に伝えたものの、進展中の捜査について大統領と話をすることに違和感を持ったと明言した。

 一方でコミー氏は、大統領の行為が捜査妨害に相当すると思うかどうかについては触れていない。一部の民主党員からはこれが捜査妨害に当たるとの批判が上がっており、コミー氏は8日の公聴会でこの点について追及される見込みだ。
【翻訳編集】AFPBB News