カナダ・アルバータ州のブルックスにある動物保護施設、ブルックス・アニマル・プロテクション・ソサエティに置いて行かれたワンコの姿が、多くの人の心を動かした。

その姿がこちらだ。

This boy was just surrendered to the shelter where I work. He won’t leave the door.  

投稿したのは同施設で働いているというFearlessTuba氏。「たった今シェルターに連れてこられたんだ。ドアのそばから離れようとしないんだよ」というコメントともに、5月30日に海外掲示板のimgurに投稿された。

1日で21万回閲覧

この投稿は1日で21万8,000回近く閲覧され、570件を超えるコメントが投稿された。

「どうして飼い主は彼を捨てたんだ」という声が多く投稿されており、FearlessTuba氏は「引っ越し先で犬が飼えないからだ」と説明。同施設は殺処分をしていないため、「うちに連れてきてくれてよかった」と、理解を示している。

1週間で800件を超えたコメント欄には「最低の言い訳だ」「私は子どもと犬、猫を連れて遠くまで引っ越したけどね」など、飼い主の決断を批判する声と、「近くにいい施設があってよかった」「私も同じ決断をしたけど、3日間泣いて暮らした」「ペット可の家に引っ越すお金がなかったんだろう」など、理解を示す声の両方が投稿されている。

すでに引き取り希望者が登場

FearlessTuba氏の説明によると、この犬の名前はベア。6歳でゴールデン・レトリバーとシャー・ペイのミックスだという。

View post on imgur.com

元の飼い主の家庭には2人の小さい子がおり、ベアはその子たちが大好きで、施設の中でも2人を追いかけ、最後の時間を楽しんでいたという。

ブルックス・アニマル・プロテクション・ソサエティのFacebookによると、すでに彼を引き取りたいという人がいるのだという。

「彼には最高の家がふさわしい」と、FearlessTuba氏はコメント。「みんなを悲しくさせてごめんね。お願いだから、地元のシェルターに寄付をしてほしい」と訴えている。