原口元気【写真:田中伸弥】

写真拡大

【日本 1-1 シリア 国際親善試合】

 日本代表は7日、国際親善試合でシリア代表と対戦し1-1の引き分けに終わった。

 原口元気はスタメン出場を果たしたが、チームが先制点を挙げた直後の59分に途中交代。積極的な姿勢は見せたが、本人は「守備もはまらなかったし、攻撃の形もうまく作れなかったので改善しなきゃいけない」と反省を口にした。

 特に前半は、プレスをかけても相手にいなされる場面が多かった。原口は「最初は前から行こうと思ったんですけど、何回は剥がされてしまったので、行きどころがうまく決まらなかったかなと。そこは一つ、守備がうまくいかなかったポイントだと思う」と振り返った。

 また「僕としては前から行きたかったけど、チームとしては少し引きながらっていう感じが続いた」と戦い方の共有が不十分だったことも明かしている。当然そこは改善していくべきだが、「予選じゃなくて良かった」とも原口は言う。

 イラク戦で日本のペースで試合を進めるためにも、チーム内で課題をクリアしなければならない。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部