日本代表の香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は7日、同日に行われたシリア代表との国際親善試合で負傷した日本代表MF香川真司について、左肩関節前方脱臼と診断されたことを発表した。

 シリア戦に先発で出場した香川だが、序盤のプレーで相手選手と交錯して転倒した際に肩を負傷。前半10分でピッチを退くことを余儀なくされ、倉田秋と交代していた。

 日本代表は13日に、ロシアW杯アジア最終予選のイラク戦に臨む。香川の回復に要する期間について正確な見通しは明らかにされていないが、イラク戦への出場は難しくなったようだ。

text by 編集部