カナダ・ブリティッシュコロンビア州に住む女性が、ハクトウワシ(白頭鷲)が泳いでいる珍しいシーンを撮影した。

ハクトウワシはアメリカン・イーグルとも呼ばれ、アメリカ合衆国の国鳥としても知られている。

海沿いの村ベルカラで

バンクーバーに近い海沿いの村ベルカラに住む シェリル(Cheryl Papove)さんは、6月3日の朝7時半頃、自宅の外で鳥が騒ぐ声を聞いた。彼女の家は海のすぐそばで、裏庭には海に張り出すデッキがある。

何ごとかと思った彼女と夫のビルさんが外を見ると、1羽のハクトウワシが水の中を泳いでおり、もう1羽のワシが、泳ぐワシに向かって攻撃していたという。

彼女が撮ったビデオに2匹の争いは映っていないが、攻撃していたワシの飛び去る姿が一瞬映っている。

Cheryl Papove/YouTube

Cheryl Papove/YouTube

Cheryl Papove/YouTube

泳いでいたワシは岸にたどり着き、水を振り払いながらしばらく辺りを歩き回り、その後飛び去ったとのこと。

実は2度目の目撃

シェリルさんは、ワシが泳ぐ珍しいシーンを4年前にも1度目撃している。下にあるのがその時に投稿した動画だ。ザブン、ザブンと、バタフライで泳いでいる。 

米国ミシガン・ディアボーン大学で鳥類を研究するJulie Craves氏によると、「ハクトウワシは海で大きな魚を捕獲し、それが重くて飛び立てない時、獲物を掴んだまま泳いで岸に運ぶ」ことがあるそうだ。

シェリルさんが3日に目撃した2匹のワシは、どうやら魚を奪い合っていたらしい。だが、途中で魚に逃げられてしまったのか、岸に泳ぎ着いたワシは何も掴んでいない。

それにしても、悠々と空を舞うアメリカン・イーグルが、泳ぎも得意だとは知らなかった。