シリア戦負傷の香川、左肩関節前方脱臼と判明! サッカー協会が診断結果を正式発表

写真拡大

現時点で全治は不明、敵地イラク戦での出場は絶望的か

 日本代表のMF香川真司(ドルトムント)は7日の国際親善試合シリア戦の前半10分に相手選手と競り合って倒れた際に左肩を痛めて途中交代。

 香川は試合後すぐに病院へ直行し、日本サッカー協会は7日深夜に診断結果を左肩関節前方脱臼と発表した。

 アクシデントが発生したのは前半7分。シリアMFマハムード・アルマワスとの球際の競り合いの際、香川はもつれ合ってピッチに倒れ込み、左手をついた際に左肩を痛めて苦悶の表情を浮かべた。チームスタッフが駆けつけ、ピッチサイドで応急処置を受けたものの、そのまま同10分にMF倉田秋(ガンバ大阪)との交代でピッチを後にした。

 現時点でチームからの離脱は正式発表されていないものの、13日のロシア・ワールドカップアジア最終予選イラク戦は欠場となる可能性もある。敵地で決戦を控える日本代表に暗雲が立ち込めている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images