英市場調査会社カンター・マーティンの世界ブランドランキング(BrandZ)にグーグルが世界で最も価値あるブランドとして選ばれ、中国IT大手のテンセントが初めてトップ10入りを果たした。新華社が伝えた。

トップ5はいずれも米シリコンバレー企業。2位から5位までは、アップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブック。テンセントはAT&T、Visaに続く8位にランクインした。

同ランキングは数百万人の消費者を対象とする調査と、各社の財務状況から導き出される。同ランキングによると、トップ5にランクインしたブランドはトップ100にランクインしたブランドのブランド価値の4分の1を占めるという。

アマゾンの株価は5月30日、一時1000ドル(1ドルは約109.5円)の大台を突破し、ブランド価値が41%上昇した。これは人工知能スピーカー「Echo」によるものだ。

テンセントのブランド価値は27%上昇し、株価は今年以来40%以上も上昇している。テンセントの株価は先ごろ世界トップ10入りを果たし、米エネルギー大手のエクソン・モービルに続いた。

グーグルとアップルがこれまで、同ランキングの首位を占めてきた。グーグルは2007年から10年まで、そして2014年に首位になった。アップルは2011年から13年までと2015年。グーグルは昨年、この栄冠をアップルから奪った。グーグルの親会社、アルファベットの株価は5日午前の取引で、一時1000ドルを超えた。

同ランキングの順位の変化は、シリコンバレーの技術系企業の株価高騰を反映している。同ランキングの技術系企業のブランド価値は昨年13%上昇。小売はアマゾンとアリババのけん引を受け14%上昇。

フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、アルファベット(4社の略称は「FANG」)の株価は今年に入ってから先月末まで、約30%高騰している。S&P500種指数は今年、約9%上昇している。

今年の同ランキングで、ブランド価値の上昇率が最も高かったのはアディダスで、58%。アディダスはカニエ・ウェストやベッカムなどの有名人を採用し、ライバルのナイキから市場シェアを奪った。(提供/人民網日本語版・編集/YF)