北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は7日、米国は対北朝鮮敵視政策を放棄するしか道はないと主張する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「われわれの相次ぐ戦略兵器、チュチェ兵器の誕生が世界に大きな衝撃を与えている」と主張した。

また、「(専門家が)今や北朝鮮の非核化がほとんど不可能な目標となり、軍事的方法では解決できない段階に至った。今や米国の戦略爆撃機と最新鋭ステルス戦闘機が朝鮮半島の上空を意のままに飛行できなくなったと分析した」と指摘した。

そのうえで、「朝鮮は名実共に東方の核強国、アジアのロケット盟主国であり、したがって米国は朝鮮をその戦略的地位にふさわしく対すべきだということが世界の共通の見解である」と主張した。

さらに、「われわれのチュチェの核戦力建設を米国は絶対に阻めない。米国が今よりもっと大きな羞恥と困難な境遇に陥りたくなければ、否応なしに対朝鮮敵視政策を放棄する道のほか、他の道はないということを再度明らかにする」と強調した。