DF橋本和とDF高橋峻希が全治約8週間の負傷

写真拡大

[故障者情報]

 ヴィッセル神戸は7日、DF橋本和とDF高橋峻希の負傷を発表した。

 橋本は4日にキンチョウスタジアムで行われたルヴァン杯グループリーグ第6節・C大阪戦の試合中に負傷。左内転筋肉離れにより、全治は受傷日から約8週間の見込みと診断された。また、高橋は右ハムストリング肉離れで、受傷日より全治約8週間。同じく4日のC大阪戦で負傷していた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ