アンディ・マレー【写真:Getty Images】

写真拡大

右ヒジ、右足首負傷…今季は不本意な成績が続くも、「いい気持ちで臨めている」

 全仏オープンは7日、男子テニスの準々決勝が行われ、世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)と同1位のアンディ・マレー(英国)が対戦する。昨年11月のATPワールドツアー・ファイナル以来11度目の直接対決となるが、マレーは昨年の全米オープン準々決勝で敗れた雪辱に燃えているようだ。英公共放送「BBC」が伝えている。

 今大会を第1シードで迎えたマレーは、3回戦でグランドスラム優勝経験者のフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)と激突したが、7-6、7-5、6-0と貫録のストレート勝ち。安定した戦いぶりでベスト8に駒を進めた。錦織との通算対戦成績は8勝2敗と大きく勝ち越しているものの、過去2試合に限れば1勝1敗で、昨年の全米オープンではフルセットにもつれ込む激闘の末に錦織の粘りに屈した。

 記事では「全米オープンで、彼に敗れ去ったのは事実だ」と敗戦を振り返るマレーのコメントを紹介。そして、「彼はクレーコートでも素晴らしいプレーができるし、両サイドに打ち込まれるショットはとても安定している」とリスペクトの意を込めながら、錦織のプレーを警戒する模様を伝えた。

 今季、マレーは右ヒジや右足首の負傷、コンディション不良に悩まされてきた。タイトルは2月のドバイ・テニス選手権での優勝のみと思うような成績を残せていないが、全仏オープンではランキング1位にふさわしいプレーを見せている。4回戦でカレン・カチャノフ(ロシア)に勝利した後には、「自分のゲームには満足しているよ。すべてが順調で、いい気持ちで臨めている」と話したという。

 マレーは、全仏オープン初の4強入りを目指す錦織を退け、完全復活を印象づけられるだろうか。