久保は前半終了間際に惜しいシュートを放ったが、見せ場はこの一回限りだった。写真:サッカーダイジェスト編集部

写真拡大 (全2枚)

[キリンチャレンジカップ]
日本代表 × シリア代表
2017年6月7日/東京スタジアム
 
 FW久保裕也は、昨年11月のサウジアラビア戦から4試合連続で右MFとしてスタメン出場し、前半終了までプレー。前半終了間際に左足で強烈なボレーシュートを放ったものの、ノーゴールのまま本田圭佑と交代した。3月シリーズのUAE戦(2-0)、タイ戦(4-0)に続く、3試合連続ゴールはならなかった。
 
 シリア戦のキックオフ直後、吉田麻也が久保のいる右サイドにロングフィードを放つなど、立ち上がりはチーム全体が右サイドを使って攻めようとする意図が感じられた。久保は今野泰幸とのパス交換でリズムを作ろうと試みる。

 しかし対峙する相手DF3番(アルアジャン)のマンマークを受け、バックパスで組み立て直すシーンが続いた。8分には大迫勇也とのパス交換から前を向いてドリブルで仕掛けたものの、カットされてしまう。
 
 すると開始10分、香川真司が左肩を痛めて途中交代に。代わってトップ下に入った倉田秋は、やや左寄りでビルドアップをする機会が増え出す。

 ここからの久保は右サイドでフリーになって余り、フィニッシャーとしての役割が求められるようになる。18分にはサイドから中央に位置取り、吉田からの縦パスを原口に託して惜しいチャンスを作り出した。
 
 ただ、前線が連動し合う機会は単発で、20分からはパスが入らず沈黙の時間がしばらく続く。30分にはベンチ前に出たハリルホジッチ監督が、前線の3人に対し「もっとラインを上げろ!」と檄を飛ばした。
 
 34分にようやく初めて、同サイドのSBの酒井宏樹との縦パスから仕掛けたもののボールを奪われてしまう。そして44分、今野からのパスを受けて、左足の強烈なボレーを放ったが、惜しくも枠を捉え切れなかった。
 
 久保とのパス交換が最も多かったのは、同サイドにいた右ボランチの今野で計11本。久保が今野から受けたパスは5本、久保が今野に出したのは6本。ただし、出したパスはバックパスがほとんどだった。

 40分に相手選手と接触し、腰をさすっていたのはやや気掛かりだったが……ハーフタイムに本田と交代している。
 一方、後半から久保のポジションに投入された本田圭佑は、同点ゴールとなった長友のクロスにニアへ飛び込み”囮(おとり)”に。オフ・ザ・ボールの動きで、その背後から飛び込んだ今野を助けた。
 
 また、久保が最後方の吉田から放たれたロングフィード4本にすべて空中戦で競り負けていた一方、本田はGK川島永嗣、吉田のフィードに空中戦で競り勝ち、”信頼”を掴んでいった。

 空中戦ですべて競り負けた久保と、競り勝った本田、そこは対照的だった。また、本田は久保がいる間にはなかったサイドチェンジを織り交ぜ、チームの攻撃にメリハリを付けることに成功していた(本田は浅野投入後、4-3-3のインサイドハーフでプレー)。
 
 もちろん、基本的に周囲に生かされるタイプの久保、周囲を生かしながら自らも生きるタイプの本田とは役割が異なり、この日、前線に自己主張の強いタイプが並んでしまった弊害を久保が最も受けてしまったとも言えた。とはいえ、結果的にこの日、右サイドでしっかりボールが収まり、オフ・ザ・ボールでも貢献し、試合を動かしたのは本田のほうだった。
 
「僕は左利きなので、右サイドに入れば、周りがよく動き出し、パスを出してくれる。(入る前には)FWや逆サイドの選手にも、(パスを出すので)準備しておいてくれと伝えた。選手全員がこの結果に満足していないが、これをポジティブに受け止めて修正し、イラク戦に臨みたい。(イラク戦は)勝つしかない」

 本田は試合後のインタビューで、そう語っていた。

 左サイドに投入された乾貴士が得点できなかったものの八面六臂の活躍を披露。レギュラー定着かと思われた久保だが、改めて強烈なアピールが求められそうだ。
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表】シリア戦を彩った「美女サポーター」たち♥