Screenshot: Google


Google(グーグル)の輪廻から解脱したい。Google無しの世の中に転生したい。

何か調べ物があるときはGoogleで検索し、ブラウザはChromeを愛用し、メールはGmailのお世話になり、どこかに行くときは必ずGoogleマップで確認し、YouTubeを毎日見て、写真も動画もGoogleドライブに入れて、大体の仕事はGoogle Docsとスプレッドシートで事が足りている…気がつけばインターネット生活のほぼすべてをGoogleに絡め取られているそこのあなた、いつかGoogleをやめなくてはいけなくなる日がくるかもしれません。

今のところそんな必要はあるかどうかはわからないけれど、いつかGoogleから解脱するかもしれない日のために、Googleを卒業する方法を紹介します。


1.今までのデータをGoogleからダウンロード


20170524_google2.jpg
Screenshot: Google


Googleが自分のどんな情報を取得しているのか確認する、そしてその情報をダウンロードするには、Googleの「データ ツール」のページにアクセスしましょう。

そこでGoogleが想像以上にいろんな情報を取得してアーカイブしていることに驚いた人も少なくないのではないでしょうか。知らない間に一般公開してしまっていた自分の個人情報、YouTubeやChromeの閲覧履歴から、Fitとかモデレーターとか、そんなのあったんだ?みたいなマイナーなGoogleのサービスまで、これを機に、自分が利用してるGoogleサービス一式をチェックしてみましょう。このページからGoogleが取得していた各サービスのデータをダウンロードすることができます。

Google Play Musicだけは例外で、デスクトップのミュージックマネージャーからMP3をダウンロードする必要があります。


20170524_google3.jpg
Screenshot: Google


ダウンロードしたいサービスを選んで、一番下の「次へ」をクリック。アーカイブの形式やデータの配信方法を選択、アーカイブのダウンロード準備が整ったら、Googleからダウンロードリンクが記載されたメールが送信されます(メールで配信を選んだ場合)。

アーカイブ形式は、移行先のサービスに合わせて検討しましょう。例えばGmailは.mboxフォーマットで保存され、これはApple(アップル)のメール、Thunderbird、その他のさまざまなクライアントにインポートできます。移行先のクライアントやサービスが.mboxファイルをサポートしていない場合は、代わりにPOP形式でダウンロードしましょう。

またYouTubeの動画では、自分がアップロードしたファイルフォーマットでダウンロードできます(同時につけられたコメントも一緒にHTML形式でダウンロードできます)。さらにChromeからのブックマークも、HTMLファイルにエクスポートされるので、他のブラウザでも簡単に開くことができます。

Google Driveのヘビーユーザーの方は、このツールを利用する代わりに、WindowsやMac OSコンピューターと同期するデスクトップクライアントを使うこともできますよ。Googleの公式なエクスポートサービスを利用することで、Google Docsやスプレッドシート、スライドを、他の形式(WordやPDF)などに変換することができます。

Chromebookの場合は、実際のラップトップのローカルダウンロードフォルダを見て、そこにファイルが残されていないことを確認をしておきましょう。Googleアカウントが消滅すると、Chrome OS含む、ログインが必要なGoogleのサービスが使えなくなります。

Googleアカウントを削除する前に、ちゃんと必要なデータがダウンロードできているかどうか、しっかり確認しておきましょう。


2.Google アカウントを削除する


20170524_google4.jpg
Screenshot: Google


Googleのすべてを消すページはこちら。パスワードを入力し、削除内容を確認。

このページで改めて、自分のGoogle依存度に驚愕することでしょう(筆者の場合、16万件のメールスレッドや2万枚の写真、80本の動画が削除されますと言われ、震えました)。

でもここで、すべて綺麗さっぱりGoogleからおさらばすることができるのです。Googleに関するすべのサービスとアプリが一瞬にして消えます。決して酔った状態でやってはいけませんね(GmailやYouTubeといった一部のサービスは、メインアカウントをキープした状態で個別に削除することができます)。

Google Playで購入したアプリや映画のコンテンツなどはすべて失い、Gmailのユーザーネームも2度と使うことができません。Googleは、もし気が変わってアカウントを復旧したくなったら、2〜3週間はかかるそうです。そして最後の最後、身元の確認のためのいくつかのセキュリティの質問に答えます。


3.代わりを探す


20170529_google.jpg
Screenshot: DuckDuckGo


ついにGoogleから解脱してしまったなら、次のステップは、メールや検索、写真ストレージなどに対応する新しいツールを探しますよね。思ってた以上に選択肢はあるものです。

Google検索の代わりにMicrosoft(マイクロソフト)のBing、プライベートに使える「あなたを追跡しない検索エンジン」DuckDuckGoもあります。Gmailの代わりにMicrosoftのOutlook.com、AppleのiCloudメール、またはYahoo!メール…メールサービスの代替は多いですね。

Appleのメールは広告なし、iPhoneでも純正メールアプリとして使いやすいですね。Googleアカウントを持たずにAndroid端末を使うことは可能ですが、サインインするまで新しいアプリをダウンロードすることはできません…選択肢は限られます。


20170529_google2.jpg
Screenshot: Mozilla


ブラウザ関しては、Google Chromeを捨てるのは難しくありません。Firefox、Opera、SafariにMicrosoft Edge、お好みのブラウザをどうぞ。

Googleマップの代わりもAppleかMicrosoftが提供していますね。写真や動画は、AppleのPhotosにMicrosoftのOneDrive、Flickrも検討する価値があります。

Googleから卒業するのは以外に難しくないけれど、今のところ、ここまでしてGoogleから卒業する必要あるかどうかはわかりませんね…。

・ポルノ以外に使えるブラウザの三大シークレットモード

Screenshot: Google(1, 2, 3), DuckDuckGo, Mozilla
Source: Google(1, 2)

David Nield - Gizmodo Field Guide[原文]
(mayumine)