ミャンマーの最大都市ヤンゴンと南部の都市ミェイクの間で消息を絶った軍用機と同じ機種のY-8輸送機。同国ラカイン州の州都シットウェの空港で(2015年8月5日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)ミャンマーで7日、104人を乗せた軍用機がアンダマン海(Andaman Sea)上で消息を絶った。

 軍最高司令官室は声明で、「午後1時35分(日本時間午後4時5分)ごろ、軍用機がダウェイ(Dawei)の町から20マイル(約32キロ)西方に来たところで突然通信が途絶えた」と明らかにし、捜索と救助が行われていると付け加えた。

 また声明によると、最大都市ヤンゴン(Yangon)と南部の都市ミェイク(Myeik)の間を飛行中に消息を絶った機体を捜索するため、海軍の船舶4隻の空軍の航空機2機が派遣されたという。

 軍最高司令官室は、ミェイクの空軍司令部の軍人らとその家族ら計90人および乗員14人が搭乗していたと発表した。

 AFPの取材に応じた空港関係者は、「原因は技術的な問題だと考えている。天気は良好だった」と語り、これ以上の情報は今のところ入っていないと明かした。

 この空港関係者は当初、搭乗者数は116人としていた。
【翻訳編集】AFPBB News