体の乾燥が気になりませんか。体が乾燥から起こる症状には、目の乾燥であるドライアイ、鼻の乾燥であるドライノーズ、そして口が乾燥するドライマウスなどがあります。生活環境の変化やストレスにより、近年これらの症状を訴える人が増えているそうです。ここでは、ドライアイに比べると認知度が低いけれど、悩む人が増加中のドライマウスについてご紹介しましょう。

唾液の大事な働き

ドライマウスとは唾液の分泌量が減り、口の中が乾きやすくなることです。通常、唾液は1日に1000〜1500mlほど分泌され、口の中を常にうるおすことで、口内環境を状態良く保っています。食品の消化を助けて飲み込みやすくし、味覚をはっきりさせるもの唾液の役割です。また口内を殺菌して虫歯を防ぐ働きもあります。ドライマウスになると、これらの働きが弱くなり、日常生活において様々な支障がでてきます。

ドライマウスの症状と原因

ドライマウスの症状には、どのようなものがあるのでしょうか。口内が乾燥すると荒れて痛みがでたり、舌も乾燥して痛みがでることがあります。また唾液が足りないと話しにくくなったり、パンやビスケットなどの乾燥した食品が食べにくくなります。それから口内の殺菌力が低下するので、口臭がでたり、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。一般にドライマウスは、加齢とともに起こりやすくなる症状です。しかし他の原因として、糖尿病や腎不全などの病気の症状としてドライマウスが現れたり、薬の副作用で起こることもあります。

口呼吸もドライマウスの原因になります。最近では生活環境の変化も、ドライマウスを増やしています。昔に比べて硬いものを食べなくなり、噛む回数が減って唾液の分泌が少なくなっています。またストレスがあると、唾液の分泌を管理する自律神経を乱すので、唾液の分泌が減りドライマウスになりやすくします。それから体の乾燥は、いろんな場所に症状が現れやすいため、ドライアイである場合、その多くの人がドライマウスにもなると言われています。

ドライマウスの予防法とは?

ドライマウスの疑いがある場合は、まずは早めに歯科医師に相談してみましょう。歯科で治療が行われる際には、人口唾液や保湿ジェルを使ったり、唾液の分泌を促す薬を用いる薬物療法などが取られるそうです。それからドライマウスは他の病気と関連していることもあります。ある病気の症状だったり、薬の副作用であることも考えられるので、その場合は歯科だけでなく、専門の医科での治療も必要となります。普段の生活でドライマウスを防ぐためには、食事中によく噛むようにすると、唾液の分泌が促され口内環境が改善されます。

また普段から適度に水分補給をし、口内を清潔に保つことも大切です。たばこやアルコールもドライマウスを招く原因となるので、ほどほどにしておきましょう。ドライアイ同様に、一度ドライマウスになってしまうと、治るまでに時間がかかってしまうこともあります。早めの予防と治療が肝心です。普段から唾液が分泌されるような生活を心がけて、いつまでも美味しく食事を楽しめるようにしましょう。


writer:Akina