『カウボーイビバップ 天国の扉』 ©サンライズ・ボンズ・バンダイビジュアル

写真拡大

アニメ『カウボーイビバップ』が、アメリカで実写テレビシリーズ化されることが発表された。

【もっと大きな画像を見る】

『カウボーイビバップ』のオフィシャルサイトでは、実写版の企画開発をアメリカの制作会社「Tomorrow Studios」とサンライズが共同で手掛けることが発表されている。Tomorrow Studiosはドラマ『プリズン・ブレイク』『アクエリアス 刑事サム・ホディアック』などの制作に携わっている。

Tomorrow Studiosの代表を務めるマーティ・エーデルスタインは、「サンライズは素晴らしい作品を製作し続けており、アニメーション業界の中でも最も革新的な企業の一社だと考えています。彼らと共に『カウボーイビバップ』という人気作品を米国、そして世界のマーケットに向け実写テレビシリーズとして製作できることが楽しみでなりません」とコメントしている。

『カウボーイビバップ』は1998年に放送されたサンライズ制作のテレビアニメーション作品。のちに『サムライチャンプルー』『坂道のアポロン』などを世に送り出す渡辺信一郎が監督を務め、音楽を菅野よう子が担当した。2000年にSF賞『星雲賞』メディア部門を受賞し、2001年には映画『カウボーイビバップ 天国の扉』も公開された。

■マーティ・エーデルスタイン(Tomorrow Studios)のコメント
サンライズは素晴らしい作品を製作し続けており、アニメーション業界の中でも最も革新的な企業の一社だと考えています。彼らと共に「カウボーイビバップ」という人気作品を米国、そして世界のマーケットに向け実写テレビシリーズとして製作できることが楽しみでなりません。アニメーション作品「カウボーイビバップ」が長期に渡って世界中の人々に親しまれていること、そしてアニメーション自体の人気が大きく拡大している現状を踏まえると、実写版は世界に大きな影響を与えることが出来ると信じています。