Doctors Me(ドクターズミー)- 【眼科医が教える】目薬を嫌がる子どもに上手にさす方法

写真拡大

子どもの目が結膜炎になったなどの理由で、親御さんがお子さんに目薬をささなければならないことがあります。

お子さんの中には目薬を嫌がって、なかなか目に薬が入れられないとお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、目薬を嫌がるお子さんに上手にさす方法を眼科医の岡先生に解説していただきます。

子どもが目薬を嫌がる原因


子どもが目薬を嫌がるのは、下記のようなことが原因です。

■ 目薬の先が見えて怖い
■ 落ちてくる瞬間の目薬が怖い
■ 目を大きく開けられるのが嫌
■ 目に入る時にしみる
■ 冷たいなど違和感が強い
など

子どもに目薬をさす必要がある疾患や症状


結膜炎


痒みが出るアレルギー性結膜炎、風邪をひいた時などになりやすい細菌性結膜炎、人に移る結膜炎などいろいろあります。目の充血や目ヤニが出ます。

ものもらい


まぶたが赤く腫れて痛みが出ます。炎症を抑える点眼や軟膏治療を行います。

逆さまつ毛


まつ毛が目につかえて角膜に傷ができる場合、点眼治療が必要になります。涙目、眩しがるなどの症状が出ます。

先天性鼻涙管閉塞


生まれつき涙が目から鼻に抜ける通り道(鼻涙管)が詰まるものです。

目ヤニなど伴う場合は、点眼治療を行います。

異物

目にゴミなどが入って目に傷が付いたり、結膜炎を起こした場合、点眼治療を行います。痛みや充血、涙目、目ヤニが出ます。

ヘルペス角結膜炎

まぶたのふちに小さな水泡を認め、充血や目ヤニが出ます。

大人と子どもで目薬の成分に違いはあるの?


病院で処方される目薬


大人用、子ども用などの区別はなく大人も子どもも同じ点眼を使用します。

市販の目薬


子ども用の目薬は防腐剤、香料、着色、界面活性剤、清涼化剤などの使用を控え刺激が少ないものが多いようです。

上記のような違いは、さし心地などの違いであって成分自体の違いはないようです。

子どもに上手に目薬をさす方法


乳幼児


目の周りをきれいにして子どもを仰向けに寝させます。

目を閉じた状態で目頭に1〜2滴目薬を落とし、そっと目を開けるように言うか、お母さんがまぶたを(下まぶただけもOK)優しく開けてあげます。

乳幼児期以降


顔を上げてお母さんの顔を見てもらい、下まぶただけ軽く下に引いてそこに点眼してあげると良いでしょう。

もちろん上下まぶたを開けても怖がらなければそのようにしてあげてください。

どうしても怖がる場合


熟睡している時に同様に下まぶたを下に引っ張ってそこに目薬をさしてみてもいいでしょう。

子どもの場合、嫌がるのを無理に点眼してもせっかくの目薬が涙で流れ出てしまい、効果が期待できなくなりますので泣かせないように点眼することが大切です。

眼科で子どもが目の治療を嫌がる場合の対応


お子さんに恐怖心を抱かせないようにキャラクターグッズなどを用いてリラックスしてもらうこともあります。

また、上手く検査や診察が出来た場合は「よく出来たね」「頑張ったね」と褒めてあげるようにしています。

ご家庭でもそのように声掛けをしてあげると良いと思います。

最後に岡先生から一言


点眼の後はできれば瞬きしないように、目を軽く閉じておくとさらに良いでしょう。

点眼した後、目の周りに目薬がついたままだとかぶれたり、ただれなどの原因になることがありますので濡らしたコットンなどできれいに拭き取ってあげましょう。

【監修:医師 岡 あつ子】
プロフィール)
1992年国立大学医学部卒業後、大学病院、県立病院、一般病院、眼科クリニック等で勤務。眼科専門医。