「学年別」で見る、日本代表メンバー26名。誰と誰が同学年なの?

写真拡大

まもなく、キリンチャレンジカップ2017でシリア代表と対戦する日本代表。

今回の代表ウィークに向けてはもともと25名が招集されていたが、浅野拓磨のコンディションに不安があるということで、宇佐美貴史が追加招集され26名のメンバー編成になった。

今回選ばれた26選手を見てみると、最年少が20歳で最年長は34歳となっている。

様々な世代が同居しており、そこには複雑な「先輩」、「後輩」の関係があるはずだ。

そこで今回は、6月の代表ウィークに向けた日本代表メンバーを学年ごとに区切ってみることにしよう。一体、同学年は誰と誰なのだろう?

1982年世代(2人)

・今野 泰幸
生年月日:1983/01/25 (34歳)

・川島 永嗣
生年月日:1983/03/20 (34歳)

1986年世代(4人)

・岡崎 慎司
生年月日:1986/04/16 (31歳)

・東口 順昭
生年月日:1986/05/12 (31歳)

・本田 圭佑
生年月日:1986/06/13 (30歳)

長友 佑都
生年月日:1986/09/12 (30歳)

※最年長の今野、川島より4学年下

1987年世代(2人)

・槙野 智章
生年月日:1987/05/11 (30歳)

・宇賀神 友弥
生年月日:1988/03/23 (29歳)

※最年長の今野、川島より5学年下

1988年世代(4人)

・乾 貴士
生年月日:1988/06/02 (29歳)

・吉田 麻也
生年月日:1988/08/24 (28歳)

・倉田 秋
生年月日:1988/11/26 (28歳)

・香川 真司
生年月日:1989/03/17 (28歳)

※最年長の今野、川島より6学年下

1989年世代(1人)

・加藤 恒平
生年月日:1989/06/14 (27歳)

※最年長の今野、川島より7学年下

1990年世代(4人)

・酒井 宏樹
生年月日:1990/04/12 (27歳)

・大迫 勇也
生年月日:1990/05/18 (27歳)

・山口 蛍
生年月日:1990/10/06 (26歳)

・酒井 高徳
生年月日:1991/03/14 (26歳)

※最年長の今野、川島より8学年下

1991年世代(1人)

・原口 元気
生年月日:1991/05/09 (26歳)

※最年長の今野、川島より9学年下

1992年世代(3人)

・宇佐美 貴史
生年月日:1992/05/06 (25歳)

・昌子 源
生年月日:1992/12/11 (24歳)

・遠藤 航
生年月日:1993/02/09 (24歳)

※最年長の今野、川島より10学年下

1993年世代(1人)

・久保 裕也
生年月日:1993/12/24 (23歳)

※最年長の今野、川島より11学年下

1994年世代(3人)

・浅野 拓磨
生年月日:1994/11/10 (22歳)

・中村 航輔
生年月日:1995/02/27 (22歳)

・三浦 弦太
生年月日:1995/03/01 (22歳)

※最年長の今野、川島より12学年下

1996年世代(1人)

・井手口 陽介
生年月日:1996/08/23 (20歳)

※最年長の今野、川島より14学年下

1982年から1996年まで、実に12世代が揃った今回の代表。

抜けているのは1983年、1984年、1985年、1995年の4世代で、負傷のため招集外となった長谷場誠は1983年世代にあたる(1984/01/18生まれ)。

最も多いジェネレーションは1986年、1988年、1990年の3世代で、これらは北京五輪とロンドン五輪のターゲットエイジにあたる。

なお、J1経験がないながらも今回が初招集となった加藤恒平は唯一の1989年世代。香川とは誕生日が3ヶ月しか違わないが、早生まれである香川の方が学年は一つ上にあたる。加藤が誰と同部屋なのか、ちょっと気になる感じだ。