パク・ジョンウク、Brown Eyed Girls ガインに大麻を勧めた?事務所が釈明「会ったこともない」

写真拡大

モデル出身の俳優パク・ジョンウク側が、Brown Eyed Girls ガインに大麻を勧めた知人とは同名の他人だと釈明した。

6日に韓国で放送されたSBS「本格芸能真夜中」でシン・ドンホンは、芸能界の麻薬スキャンダルを取材した。

ガインは先日、自身のSNSを通じて恋人チュ・ジフンの知人であるパク・ジョンウクが大麻を勧めたと暴露した。これに対し、チュ・ジフンと同じくモデル出身の俳優であるパク・ジョンウクが、その主人公だという推測が広がっている状況だ。

するとパク・ジョンウクの所属事務所の関係者は「同名の他人であり、チュ・ジフンとは年齢も違う。パク・ジョンウクはたばこも吸わず、お酒も飲めない。本人に確認したら、会ったこともない関係だと話した」と釈明した。

一方ガインの大麻に関する証言は、警察調査につながる予定だ。

Brown Eyed Girls ガイン「チュ・ジフンの友人に大麻を勧められた」衝撃告白の余波…警察がコメント