【インタビュー】千歌繚乱出演バンド・乙女国家、「ライブの喜びを分かち合いたい」

写真拡大

BARKS主催ライブイベント<千歌繚乱>出演するバンドへのインタビュー企画、6月第二弾は乙女国家。彼らは個性的なビジュアルが目を引くことはもちろん、独自のライブパフォーマンスに定評がある。6月20日(火)の<千歌繚乱vol.12>公演に先駆けて、彼らがどのようなライブをしているのかに触れてみたい。

◆アーティスト写真・告知映像

※本記事は6月20日(火)に開催の<千歌繚乱vol.12>で来場者限定で配布される「千歌繚乱 ARTIST BOOK」掲載のインタビューの一部を事前に公開するもの。「千歌繚乱 ARTIST BOOK」ではメンバーへの一問一答アンケートなど、より深い内容が掲載されている。

   ◆   ◆   ◆

■バンドもひとつの「国家」
■何でもある、何でもできる

――みなさんとてもインパクトのあるビジュアルですね!まずは自己紹介からお願いしたいのですが…。

おろち(Dr):蛇の神の化身、ドラムのおろちである。人間の体を借りてドラムを叩いておる。

――おろちさんは神様なんですね! メンバーそれぞれそういったキャラクターがあるんですか?

おろち:キャラクターでは、ない。人間の姿を借りた神の化身であるぞ!

ミスター(Vo):えーっと俺なんだっけ? 特攻ボーカル?

はる(Gt):俺は“伝令ギター”です。それぞれ役職がついています。

慧太朗(Gt):え、俺は何ギターだっけ…。

――覚えていないんですか(笑)。

慧太朗:役職がついているからって特に何かあるわけではないので(笑)。

――顔面白塗り、黒髪ロングとかなり強い存在感を放っているアルミさんは?

アルミ:僕はAl(エーエル)を担当しています。

――“Al”とは!?

アルミ:コーラスしたり演説したり踊ったり機械をいじったり。まぁとにかく色々やるパートです。ちなみにベースのJRは全然喋らないのでいないものとして進めてください。

JR(Ba):………。

――なんだか既に個性が爆発していますね。バンド名も独特ですが、これにはどういった意味が込められているんでしょうか?

ミスター:バンドもひとつの「国家」だなと思って。ひとつの国のように、その中に入ってしまえば何でもあるな、何でもできるなというところからこのバンド名を付けました。

――ライブのことも特別な呼び方があるとか。

アルミ:はい、ライブは「建国」でライブ中のMCは「国家演説」です。僕が拡声器をもってなんやかんやみんなに演説しています。

――言葉選びが面白いですよね。楽曲も「アスペルガー」「コミュニケーション障害」「いじめ」などなどタイトルから攻めた言葉を使っている印象があります。

慧太朗:楽曲は俺とミスターで作っているんですが、2人とも根底にあるのがJ-POPなんでタイトルから連想されるイメージよりも曲自体は日本人の耳にすっと入ってくるというか、わかりやすいと思います。

ミスター:曲のタイトルや歌詞はあんまり意識して攻めてるつもりはなくて、できた曲を聴いてふっと頭に浮かんだワードやストーリーを形にしているだけなんです。完全な創作なんですけど、物語としても楽しめるかも。

慧太朗:ミスターの歌詞はすごいおしゃれだからね! とんちがきいてる!

ミスター:…とんちって(笑)。

はる:あと俺らのライブといえば外せないのが「喜び分かち合い」だよね!

――またも聴き慣れない言葉がでてきましたが、「喜び分かち合い」とは!?

アルミ:ライブの最後にみんなで「やったー!やったー!」って喜びを分かち合うんですよ。

ミスター:そうそう。毎回のライブでまるで数年がかりのワールドツアーが終わったかのようにメンバーとお客さんで万歳をしあったりしてとにかく全員で大喜びしてライブを終えるんです。ワンマンライブ以外の普通のイベント出演のときもね。

慧太朗:エンドSEが流れたら俺らが主導で急に喜び始めて、お客さんもそれにつられて喜び始める感じ。これは多分、うちのバンドしかやってないんじゃないかな?

――なるほど。確かに毎回のライブ終わりに大喜びしているバンドは見たことないかも…。

アルミ:一筋縄じゃいかないバンドです。

――アルミさんがその顔で言うと説得力があります(笑)。

ミスター:まぁ何にせよ楽しければいいなって思いでバンド活動しています。

はる:ライブって参加したほうが楽しいじゃないですか。だからみんなと喜び合いたいし、「楽しいからやろうよ」ってついつい煽ったりもしちゃう。とにかく俺らのライブを見た人には心から“楽しかったな”って思って欲しいんです。

アルミ:やっぱりメンバーが楽しそうだとお客さんも楽しくなるじゃないですか。だから僕は最近ステージでメンバーを笑わせてやろうって思ってライブしてます。

――ちなみにライブ中もJRさんは喋らないんですか?

慧太朗:喋りません。時々目が合うくらいです。

ミスター:その代わりというか、僕が最近アツいMCにハマってて。決め口上みたいなのもあるので、聴いて欲しいですね。他ジャンルからパクってきたんですけど。

――パクるって…(笑)。ライブが楽しそうなのが伝わってきました。6月27日(火)にはTSUTAYA O-WESTでの二周年記念ワンマンライブが決定していますね。

おろち:である。

はる:久しぶりに喋ったと思ったらそれ(笑)?

――公演タイトルが<召集令状 〜無謀ト知ルトモ花ト散レ〜>となっていますが、これにはどんな意味が?

ミスター:やっぱりO-WESTって他のライブハウスにはない風格があるというか、ひとつの憧れだったんです。それこそ昔は自分が好きなアーティストのライブを見にO-WESTに行っていたこともあるし。そこで乙女国家としてライブをするのには動員的な部分だったり厳しい部分がたくさんあるんですが、やることに大きな意味があると思って。

――ひとつの「挑戦」というわけですね。この日は無料でもライブが見れるとか。

慧太朗:結成2年目のバンドの誕生日でもあるので、みんなに感謝を込めて楽しい時間を届けられたらと思って無料にしています。ちょっと時間ができたから覗いてみよう、とかでもいいのでたくさんの人に遊びに来てほしいですね。

はる:わかりやすくて初めて見る子でもノリやすいライブをしているつもりなんで、この機会にぜひ。ちなみに先行Sチケットで来てくれた方には、お客さんひとり対俺らで個別に「やったー!」って喜び合う「超喜び分かち合いタイム」も用意しています。

アルミ:この日は乙女国家にとって本当に大切な一日になると思うので、一緒にその瞬間を過ごしたいです。

おろち:集え。

――<千歌繚乱vol.12>はちょうどO-WEST公演の一週間前なので、こちらも気合入れてライブしてくださいね!

アルミ:マジ気合入れてくんで。

はる:なんで急にキャラ変したの(笑)。

アルミ:いやJRがそう言ってる気がした、多分。

ミスター:<千歌繚乱>も、会場の人たちと楽しみたいです。こうやってインタビューとか出れて嬉しいし、やったー!

慧太朗:やった!やった!!

はる:やったーーー!やったーーー!

――これが「喜び合い」!!ハッピーな気持ちになれてとても良いものですね(笑)。<千歌繚乱>当日はみんなで喜び合いましょう!

取材・文◎Yoko Hattori(BARKS)

<千歌繚乱vol.12>
日時:2017年6月20日(火)開場16:30 開演17:00
出演:乙女国家 / ギザ / DAZ / DatuRΛ / BABOO / PIGLOW in GLOOMY / HOLYCLOCK
会場:渋谷REX
料金:【先行チケット】3,500円 【一般チケット】3,800円 【当日券】4,000円 ※ドリンク代別途
■チケット受付
[チケットデリ]
5月23日12:00〜6月14日(水)23:59
チケット購入ページURL:http://ticket.deli-a.jp/
[イープラス]
5月23日12:00〜6月19日(月)
チケット購入ページURL:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002223473P0030001

<乙女国家弐周年記念単独公演「召集令状〜無謀ト知ルモ花ト散レ〜」>
2017年6月27日(火)TSUTAYA O-WEST
[OPEN]18:30 [START]19:00
勲章付き特攻戦闘参加証(先行Sチケ)3000円 ※超喜び分かち合いタイム付
一般戦闘参加証(一般Aチケ)2000円
召集命令書「赤紙」(一般Bチケ及び当日券)0円
※1DRINK別途
※赤紙を持った人を自分以外に5人集めたら特典があります
入場順 S→A(並列)→当日
・チケット一般発売日
3月4日(土)