生牡蠣が常時15種以上

写真拡大

生牡蠣が常時15種以上そろうニューヨークスタイルのオイスターバー「SHINJUKU NISHIGUCHI OYSTER BAR(新宿西口オイスターバー)」が、2017年6月14日、東京・新宿にオープンする。

ワインも飲み放題

牡蠣は、北海道や宮城、能登、広島、福岡など季節に応じて日本各地から取りそろえた旬の真牡蠣、岩牡蠣や、アメリカの「クマモト」「シゴク」やニュージーランドの「カイパラオイスター」などを世界各国の牡蠣まで、都内最多の常時15種類以上を日替わりで取りそろえる。

中でもオススメなのは、産地ごとに異なる味わいを食べ比べできる24個の生牡蠣を豪快に盛り合せた「OYSTER PLATTER(オイスタープラッター)」(24個入/9800円、8個入/3800円、16個入/7400円)だ。

また、ひと味ちがった牡蠣を楽しめる「ロックフェラー」(ガーリックバター、パルメザンチーズ、ほうれん草をトッピングしたNYスタイルの焼牡蠣)や「カークパトリック」「キルパトリック」などバラエティに富んだ焼牡蠣(各290円〜)なども捨てがたい。

ビールも、「アサヒスーパードライ」(550円)をはじめ、「バスペールエール」(450円〜)、「ヒューガルデンホワイト」(780円)など個性豊かな人気の5種がそろう。

ワイン好きなら、同店のソムリエが日替わりで選ぶスパークリングワイン含む9種の「オープンワインバー(2時間飲み放題)」がいいだろう。一番おいしい状態で管理された窒素ワインサーバーから自由に好きなワインを好きなだけ飲め、格安の2000円だ。

オープン当日の14日は、1号店オープン記念で「フード全品半額」だ。12時〜23時の間、混雑は予想されるが、このチャンスを逃す手はない。※予約は不可

場所は、東京都新宿区西新宿1-1-1新宿パレットビル8F(JR新宿駅直結)。