“デビュー10周年”FTISLAND、ショーケースで今後の抱負を語る「10年より先へ行きたい」

写真拡大 (全5枚)

FTISLANDが10周年を迎え、感激の心境を明らかにした。

本日(7日)、ソウル広津(クァンジン) 区YES24ライブホールにて行われたデビュー10周年アルバム「OVER 10 YEARS」発売記念ショーケースで、FTISLANDのリーダーチェ・ジョンフンは、「アルバムも10周年だが、ショーケースも10年ぶりだ。この会場だった。初々しくて幼い時を思い出す。今はまた違う思いだ」と話した。

2007年6月7日に平均年齢17.4歳でデビューしたFTISLANDは、デビューと同時に熱い人気を得た。現実に安住せずに幅広い音楽性を試みて、自らのカラーのあるバンドに成長することができた。今のFTISLANDを作った曲と言っても過言ではない「恋煩い」に対して、イ・ホンギは「より多くの夢を見ることができるような曲」としながら、「方向性が違うとは言ったが、僕らが聴くにもとても良い歌だ」と語った。

FTISLANDは10年という長い音楽の旅程を反映するかのように、切ないロックバラードから強烈なハードロック、楽しいパンクロックなど、多彩な自作曲12曲をアルバムに盛り込んだ。また雄壮な旋律で再誕生した「恋煩い(withキム・ナヨン)」がスペシャルトラックで収録された。

イ・ホンギはデビュー10周年アルバムに対して、「アルバム名を選ぶこともまた、10数個の候補があった。『OVER 10 YEARS』は過ぎた10年より先へ行くことという抱負を含んでいる」と説明した。

タイトル曲「Wind」について、イ・ホンギは「FTISLANDのイメージがありながら壮大で、サウンドが強い編曲に変え、嵐のように感情の動きが浮かび上がる曲だ。そのような姿をもう一度お見せしたかった。10年前に見せたバラードの感性と、10年後のバラードの感性がどれくらい成熟したのかをお見せしたかった。この歌によくにじみ出たようだ」とし満足感を表した。

グループのアイデンティティを尋ねる質問に、イ・ホンギは「アイドルかバンドか、両方関係ないようだ。ただ僕がきちんとうまくやれば良いようだ」としながら、「アイドルバンドが何かと尋ねられたら、僕らのライブ会場に招きたい。悪意の書き込みをするネットユーザーを告訴するでしょう? その代わりに悪意のネットユーザー席を作って、見せてあげたい」と話し笑いを誘った。

またチームワークに対しては、「チーム内で誰かが目立とうとする瞬間、そのチームはひびが入ると後輩にアドバイスしている。メインにいる人が謙虚でなければならない」と真剣に話し、メンバーからヤジを飛ばされたりもした。

今後の計画に対して、イ・ジェジンは「10周年にライブをたくさんしたい。多くの方々に会えるようにたくさん努力する」と明らかにした。イ・ホンギは、「可能な限り音源を頻繁に出したい」という望みを伝えた。