ヤマハ発動機、北米向け新型クルーザーモデル「Star Venture」を発売


 ヤマハ発動機は、 空冷Vツイン1,854cm3エンジン搭載の米国二輪車総需要の約半数を占めるクルーザーカテゴリーのフラッグシップモデル「Star Venture」を2017年8月から北米で発売する。


 「Star Venture」は、最新の電子制御技術に加え、大型スクリーンやツアートランクを備えるフルドレス仕様で、スタンダードと、長距離を楽しめる機能を備えたトランスコンチネンタルの2種のパッケージを設定。



 「Star Venture」には、ヤマハ発動機製品初の"インフォテイメント"システムを搭載。7インチディスプレイのタッチパネルとスイッチによって、オーディオやナビゲーションシステム、車両情報確認やヒーター・電動スクリーン、コミュニケーション(電話・無線・パッセンジャーとの会話・SMS受信)などの操作・利用が可能。パッケージにより仕様・機能が異なる。


 2010年を底に回復傾向の米国二輪車市場は、クルーザーカテゴリーが総需要の約半数を占めており、なかでもフルドレス仕様のクルーザーは"夫婦での生活を楽しむライフステージの相棒"として人気があり、お客様のステップアップの対象モデルとして、今後も安定需要が見込まれます。


 エンジンは、1854 cm3の空冷OHV・Vツイン・4バルブを搭載。吸排気系、カムプロフィール、ポート形状などを新設計し優れたトルク特性、吸排気サウンドを実現している。ヤマハ発動機製クルーザー初のYCC-Tを採用。排気系は、左右2本出しマフラーを採用し、低速域と高速域では排気音にそれぞれ個性を持たせている。


「Star Venture」は、約1km/hの速度でモーター駆動により車両を前後に微動できる"SURE-PARK"を採用した。駐輪時の前進、また後進が容易に行え、大型モデル特有の取り回しの煩わしさから解消される。


 発売から1年間の販売計画台数は、2,500台。希望小売価格は、「Star Venture」$24,999、「Star Venture TC」$26,999。発売は、2017年8月を予定。

【ギャラリー】YAMAHA Star Venture12

■ヤマハ発動機 公式サイト
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/index.html