カメラに手を振るボミ、今週は自信アリ!?(撮影:村上航)

写真拡大

<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 事前情報◇7日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,538ヤード・パー72)>
先週はオープンウィークとして母国で調整していたイ・ボミ(韓国)。賞金ランクは現在23位と本調子からは遠いが、「選手としても、人としても大好きです」と語っていた宮里藍の引退発表後初戦を前に調子を上げてきた。
総数800枚以上!ボミのいろいろな表情が見れる特選フォトギャラリー
「韓国に帰って練習もたくさんしてきました」とボミ。「今回はコーチも口だけじゃなく実際に体を動かして教えてもらって感覚が戻ってきましたね。昨日のラウンドも今日のアマプロ戦でもショットの感じは良くなっている。それは良かったです」と復調をアピールした。
1週間離れていた相棒・清水重憲キャディも「先々週よりかは良くなっていると思います」と続く。「右へのプッシュ、左から左へのドローが減って、ちゃんと右に出てドローで戻ってくる球が増えてきました。あとはプレッシャーのかかる試合でそれができるのかどうか。いきなりは良くならないと思いますが、僕らでできる限り不安を取り除いていきたいですね。今週もそうだし、モンダミンなど得意なコースが続くので徐々に上げてきたい」と語った。
宮里藍についてボミは「ファンの気持ちが分かります。これから藍ちゃんのプレーが日本で観られれないのはさみしい」とコメント。残念ながら予選ラウンドは同組にはなれなかった。「今週は私も良いプレーをしたいし、藍ちゃんも応援します。一緒に優勝争いできたら最高ですね」と週末を見据えた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

宮里藍、一区切りの大会がいよいよ開幕「試されている状況でも普通のプレーを」
イ・ボミも喜ぶ「藍さんナイスプレー!」自身も優勝に向けて調子アップ
ボミの熱烈ラブコールを受けた宮里藍「波長が合う」
これまでの熱戦を「ライブフォト」でプレーバック!
最新のギア&イベント情報をまとめてチェック!