監督交代後初の試合となった広島戦は3-1で勝利。ここから巻き返せるか。(C) J.LEAGUE PHOTOS

写真拡大 (全2枚)

 場を和ませるかのように、大岩剛“新監督”は、広島に3-1で勝利したJ1・14節の試合後、「今日4枚目のポロシャツです」と言って、取り囲んだ記者たちを笑わせた。
 
 5月31日にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で敗退した鹿島は、翌日、石井正忠監督の解任を発表した。急きょ、大岩コーチが監督に昇格する形でチームを率いることになったが、広島戦まで準備期間はわずか4日しかなかった。
 
 自らも現役時代はCBとしてクラブの歴史を築き、引退後もコーチとしてタイトル獲得に貢献してきたが、常勝軍団を率いる指揮官としての第一歩は、かなりの重圧があったのだろう。試合中は強い陽射しに照らされたことに加え、大声で叫んだこともあり、「終了間際はちょっとクラクラして思わず、しゃがんでしまった」と笑ったが、初陣を勝利できたことに「ホッとしているというのと、90分が長かったなというのが正直な感想です」と語ったのは、紛れもない本音であろう。
 
 この一戦に懸ける思いが強かったのは、新監督だけではない。キャプテンマークを巻いてピッチに立った昌子源が、その思いを吐露した。
 
「剛さんには、コーチと選手という立場では自分が一番お世話になっている。そこで胸を張る必要はないけど、僕が一番お世話になったからこそ、今日は勝ちたかった。この1勝で恩返しできたとは思わないけど、これからも連勝していくことで返していきたい」
 
 石井前監督の解任が発表された翌6月1日には選手だけで集まり、食事をしながら決起集会を行なったという。左SBとして広島戦でも攻守に貢献した山本脩斗が明かす。
 
「食事の時はみんな楽しく過ごしましたけど、最後に選手会長のゲン(昌子)が締めてくれて、みんなでしっかりやっていこうという気持ちを改めて確認したというか。
 
 剛さんが監督になってから今日の試合まで練習期間は短かったですけど、この一戦のために意識してやれましたね。試合前にも、(小笠原)満男さんも含めて、選手がやらなければということは話していた。個人、個人、思うところはあったと思うし、ピッチの中でやってやろう、行動で示そうという気持ちの部分を出せたと思います」
 
 大岩監督から「ボランチとディフェンスラインの間でボールを受ける能力は日本を代表するものがあると思う」と期待され、FWで起用された土居聖真も思いを背負って戦っていた。
 
「勝つためにやるのは大前提で、そのなかで今日もし攻撃が上手くいかなかったら俺のせいだと思っていたし、上手くいけば自分の仕事ができている証拠だという意識で臨んだ。それは今日に限った話ではないけど、試合に出る機会が多くなればなるほど、その責任は大きくなると、改めて感じている。言葉で言うのは簡単ですけど、プレーで示していけるように、勝ち続けられるように、剛さんとともに歩んでいければと思います」
 土居は、中村充孝が決めた14分の先制点をアシストしたように、何度も中央でボールを受けて前を向くと、自ら仕掛けつつ周囲を活かして攻撃を彩った。
 
 大岩監督が要求した「シンプルにボールを動かすこと」を中盤で体現し、積極的な守備でレアンドロが決めた3点目のきっかけを作った永木亮太も改めて決意を語った。
 
「それぞれ思うところがたくさんあったなかでの試合だった。具体的に選手同士で話し合ったというよりは、一人ひとりがうちに秘めているものを今日の試合では感じられた。
 
 石井さんが解任になりましたけど、自分たちの責任が一番大きいと思っていましたし、ここで新しく剛さんの体制になって、自分たちが責任を持ってやっていく気持ちが強かった。ここからまた、強いアントラーズになっていけるようにやっていくしかないと思っています」