山賢人『ジョジョ』スタンドが明らかに…迫力満点の新映像&本ビジュアル解禁

写真拡大

山賢人主演で、8月4日(金)に公開される映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の新予告映像と本ポスタービジュアルが解禁された。

荒木飛呂彦原作のコミック『ジョジョの奇妙な冒険』は、19世紀末のイギリスを舞台にした第1部から始まる“ジョースター家”の代々の戦いを描く大河ストーリー。今回、カンヌ国際映画祭など国内外で高い評価を受ける三池崇史の監督で映画化されるのは、原作の第4部にあたる『ダイヤモンドは砕けない』だ。山が主人公・東方仗助を演じるほか、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介と豪華派俳優陣が結集する。

今回解禁された映像では、物語に欠かせない存在でありながら姿を見せてこなかったスタンドが続々と明かされ、冒頭では、不穏に揺れる仗助の紫色のオーラから、一瞬のうちに伸びた腕が不良を蹴散らしている。

また、街を恐怖に陥れる連続殺人犯・アンジェロ(山田)のスタンドがついに姿を現す。怪しく赤い眼を持つ最凶のスタンドは、人間の体内から命を狙い、さらなる犠牲者を増やしていく。そしてアンジェロの狂気は、仗助の愛する者にも忍び寄る。母・朋子、祖父・良平はその毒牙にかかってしまうが、凶悪すぎる敵を前に、仗助はいかに立ち向かっていくのか。

さらに本ポスタービジュアルでは、鋭い眼光を放ち険しい表情をした仗助が大きく描き出されているほか、右腕にはスタンドの姿が。さらに康一(神木)、由花子(小松)、承太郎(伊勢谷)、仗助に今後立ちはだかっていくアンジェロとスタンド、そして怪しげなオーラをまとった虹村兄弟(岡田・新田)の姿も見ることができる。

“この「力(スタンド)」で、守るべきものがある。”という仗助の決心ともとれるキャッチコピーからは、「スタンドの力で凶悪な敵から愛するものを守ろう」という強い意志が感じられ、<杜王町(もりおうちょう)>に今後振りかかるであろう“奇妙”な事件、そして壮絶な戦いを連想させる。果たして、仗助たちを待ち受ける運命とは。