サントリー食品から2017年6月6日に新発売された『特茶 ジャスミン』。同社の『伊右衛門 特茶』と一緒の脂肪分解酵素を活性化させる働きのあるケルセチン配糖体を配合し、体脂肪を減らすのを助ける特定保健用食品(トクホ)ですが、すっきりとした飲み心地でどんな食事にも合わせることができそうです。

きれいな薄緑色の『特茶 ジャスミン』。特級・一級のジャスミン茶葉を使用するだけでなく、京都・福寿園の茶匠が厳選した国産緑茶をプラスしたことで、華やかで上品な香りを実現したとのこと。

ガジェット通信の記者陣きっての食通・erini(エリーニ)女史に飲んでもらったところ、「脂っこい中華を食べたときはこれがぴったり。柑橘系のゼリーとかと一緒に食べても涼しげですね」と好反応。

ランチを食べた後の体脂肪が気になるという人、特に女性にはすっきりとした飲み心地でトクホ特有の“重さ”が抑えられた『特茶 ジャスミン』が最適解となるのかも。ジャスミンティーとしての味も既製品と遜色がないだけに、普段飲みでゴクゴク飲むのもありなのではないでしょうか。

体脂肪を減らすのを助ける - 伊右衛門 特茶(サントリー)
http://www.suntory.co.jp/softdrink/iyemon/tokucha/ [リンク]