【タロット占い】選んだタロットでわかる、あなたが受けたショックの種類と対策

写真拡大

 ショックな出来事に見舞われて、目の前が真っ白になることがあります。うろたえてしまいがちですが、そういうときこそ自分自身を見つめることで対策が見えてくるでしょう。受けたショックの種類を探り、その対策をタロットで導きます。

【質問】
 ショックで心を痛めていることをイメージしながら、1枚のタロットを選んでください。

A:死神
B:塔
C:月

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「ショックの種類とその対策」
 似たような塔のようなもの(A:中央右端に2本、B:中央、C:月を挟んで2本)が描かれた3枚のタロットは、心の痛み具合を具体的に意味します。心の痛み具合は、その痛みの原因となったショックの種類に準じたものです。選んだタロットで探ってみましょう。

■A:死神……あきらめるしかないショックから心機一転の再スタート
 「死神」のカードを選んだあなたの心の痛み具合は、痛さを通り過ごし、潰れてしまったような状態にありそうです。ひどい状況ではありますが、ここまでくればもうこれ以上はどうにもならないところまできているので、あとは回復する一方でしょう。あきらめるしかないようなショックは、手の施しようがありません。心機一転、ここから再スタートしましょう!

■B:塔……変化を受け入れて自らのスタイルをあらためる
 「塔」のカードを選んだあなた。思いもよらぬ突然の展開や急な変化の波に見舞われて、茫然自失の状態になっているようです。一瞬にして何かを失うことには、心の準備が追い付きません。けれど、そこでしがみつくよりは、自らのスタイルをあらためるほうが得策です。変化を受け入れ、その流れの中で自分自身をバージョンアップしましょう。これまでよりも、いい方向に行けるはずです。

■C:月……そのときがくるまで焦らずやり過ごす
 「月」のカードを選んだあなた。変わり行く月の形は、光に強弱を与えながら、不安を増長したり、反対に、唯一の道を月光で照らし出してくれます。今はまだ決めるときではなく、動くときでもありません。それよりも、あなたのショックにいろいろな月光をあててみましょう。見えないもの、気づかずにいたこと、誤解をしていたことがわかるはず。多角的な視点が切り札になるでしょう。

 「心のショックを癒やすには時間が必要」と言いますが、時間の問題だけではないはずです。ショックの種類にもよりますが、心のスイッチも欠かせません。そのために有効なのが実際の行動です。物理的に動くことで心も動きはじめるでしょう。
(LUA)※画像出典/shutterstock