本田圭佑は強靱な肉体に衰えがないことを証明した。(撮影:岸本勉/PICSPORT)

写真拡大 (全9枚)

7日、日本代表は13日のイラク戦に向けた調整試合として、東京スタジアムでシリア戦を行った。48分、アムロ・ジェニアトのクロスをマルデク・マルドキアンが頭で合わせてシリアが先制する。だが58分、長友佑都のパスに今野泰幸が合わせて同点に。結局そのまま1-1でタイムアップを迎えた。

本田圭佑は中央寄りにポジションを移し存在感を増した

(撮影:岸本勉/PICSPORT)


▼ 長友佑都は鋭い突破と完ぺきなパスで同点ゴールを演出

(撮影:岸本勉/PICSPORT)


川島永嗣は自信と落ち着きのあるプレーを見せ続けた

(撮影:岸本勉/PICSPORT)


▼ 今野泰幸はケガからの復帰を同点弾で自ら祝福した

(撮影:岸本勉/PICSPORT)


倉田秋は同点弾の際「潰れる」プレーでいぶし銀の働き

(撮影:岸本勉/PICSPORT)


浅野拓磨はスピード見せるもタイミング合わず不完全燃焼

(撮影:岸本勉/PICSPORT)


大迫勇也は別格のポストプレーを見せた。あとはゴールだけ

(撮影:岸本勉/PICSPORT)


▼ 浅野拓磨の投入でシステム変更し日本は息を吹き返した

(撮影:岸本勉/PICSPORT)