歌手・女優のセレーナ・ゴメスが、現地時間5日にニューヨークで6着の服を着こなしていたことが分かった。

1着目はJacquemus[ジャックムス]のネイビーブルーのシックなミニドレスにLOUIS VUITTON[ルイ・ヴィトン]の黒のヒールを合わせたスタイル。2着目はセレーナがラジオ番組「Elvis Duran and The Morning Show」に出演した時で、Christopher Kane[クリストファー・ケイン]のオレンジのロングドレスに、同じLOUIS VUITTONの黒のヒールを合わせていた。

さらに3着目はVictor Glemaud[ヴィクターグレモード]の白と黒のミニドレスで、セレーナがラジオ番組「The Morning Mash Up」に出演した時に着用。今回も足元は同じLOUIS VUITTONの黒のヒールであった。4着目はがらりと変わって、miu miu[ミュウミュウ]のピンクと白のポロシャツとパンツのセットで、Gianvito Rossi[ジャンヴィト・ロッシ]のシルバーのヒールを合わせていた。5着目は音楽ケーブルテレビ「Music Choice」のスタジオに来た時の衣装で、セレーナは黒と白のストライプのロングワンピースに黒のレザージャケットを羽織り、LOUIS VUITTONの黒のヒールを着用していた。

そして、最後の6着目は恋人で歌手のザ・ウィークエンドとのデートに着用した黒のレース付きのMimi Wade[ミミ・ウェイド]のセクシーな白のドレス。足元はJimmy Choo[ジミー・チュウ]の黒のヒールを合わせていた。2人はレストラン「Rao」に行っていたそうで、セレーナはインスタグラムに自身の写真をアップして、「デートの夜」と投稿している。

1日に6回も着替えて忙しかっただろうが、さまざまな衣装を着ることができてたのしかったに違いない。

最後の6着目で恋人ザ・ウィークエンドとデートのセレーナ・ゴメス instagramより