5日、韓国・ソウル経済新聞は、韓国のコンサートホールなどにおける客のマナー違反について伝えた。写真はコンサートホールを擁するソウルの世宗文化会館。

写真拡大

2017年6月5日、韓国・ソウル経済新聞は、韓国のコンサートホールなどにおける客のマナー違反について伝えた。

韓国の劇場やホールでは最近、観覧を妨害する客の迷惑行為が問題になっている。演奏者や俳優など出演者の集中力を乱すのみならず、他の客の鑑賞の邪魔になるなど、公演全体の雰囲気を台無しにしかねない事態だ。

迷惑行為の種類もさまざま。最も問題になっているのは会場でスマートフォンを使用するケースで、あるクラシックコンサートホールのマネジャーは「最近では公演中に着信を受けて悠然と退場する客がいた。通話後に再び会場に入ろうとしたので、これを制止しようとしたところ、大声を出され冷や汗をかいた」と話す。その他にも、写真や動画の無断撮影、メールや時刻の確認時に漏れる液晶の光など、電子機器による被害が深刻化しているという。

公演中のおしゃべりも問題だ。特に、子ども連れの観客が子どもに公演内容を説明するのが後を絶たないといい、子どもに「公演では話をしてもいい」という誤った認識を与える恐れがあり、「早期文化教育が早期迷惑教育に転落しかねない」という指摘も出ている。

遅れて来た観客が、自分の座席を横取りしていた観客に「どいてほしい」と要求、トラブルが起こることもある。座席では、後ろの客の邪魔になるヘアスタイルや帽子、他の座席に寄りかかるなどの迷惑も問題となっている。

そして、指摘しにくいこんな問題も。ある会場担当者によると、「夏は他の客の汗臭さ、冬はブーツなどを脱いだ足から漂う悪臭がおなじみの苦情」だそうだ。強い香水の香りや食べ物、たばこやアルコールの臭い関連の苦情も頻繁に入ってくるという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは、「他人に迷惑を掛けるのはやめてほしい。常識がないなら家に閉じこもっててよ」「ろくに教育も受けてないのに、格好つけたい人たちだね。マナーのある人は自分から非難されるようなことはしない」「皆がそうではないけど、中国の悪口など言えない」とマナーのない人たちへの非難の声が多く上がっている。

その他にも、「公共の場所における教育は親の役割」「早期文化教育とかを理由に子どもを連れてくるのはどうかと思う。入場前に劇場側が短いエチケット教育を実施して、それを聞けなければ入場できないようにしたらいい」との助言コメントや、マナーについて「マナーが人をつくる」「『自分一人くらい大丈夫でしょ』より、『おまえには関係ない』という意識の方が問題」と指摘する声、「こんなことが記事になるってどうなの?本当に韓国の国民性は劣っているのかな」との嘆き節も寄せられた。(翻訳・編集/松村)