元外交官、日本総合研究所国際戦略研究所理事長 田中 均氏

写真拡大

凶悪犯に口を割らせる取調官、通常の4倍の裁判をこなす敏腕弁護士、ダルビッシュのメジャー契約を決めた代理人。妥協は許されない極限の状況でも確実に交渉をモノにしたプロのテクニックを探る。

2002年9月17日、小泉純一郎首相が突如、訪朝し、金正日総書記と会談。拉致の事実を認めさせたばかりか謝罪の言葉も引き出し、互いに日朝平壌宣言に署名した。翌10月15日には遂に拉致被害者5人の帰国が実現した。日本の戦後外交史に燦然と輝く成果である。

当時、これを一からお膳立てした剛腕外交官、それが田中均氏だ。朝鮮半島を含むアジア全体を管轄するアジア大洋州局長に就任したのがその1年前、01年9月のことであった。

局長に就任したとき、田中氏はこう考えた。「日本の安全保障にとって、北朝鮮は大きな脅威だ。それを取り除くための交渉は自分が真っ先にやらなければならない仕事だ」と。

それまで、日本は10年以上かけて北朝鮮と11回にも及ぶ交渉を行っていたが、進展は何もなかった。北朝鮮の主張は「戦後補償をよこせ」、日本側は「拉致問題を認め、解決せよ」。北朝鮮は日本がそう言った途端、「拉致などない」と席を立って帰る始末。

田中氏は、これまでの反省を踏まえ、「大きな絵」を描くことに決めた。

「交渉というのは結果をつくるプロセスです。そのためには双方にとっての共通利益は何かを考えなければなりません。私はそれが着地点としての国交正常化だと考えました。その大きな絵の中に、拉致問題があり、核とミサイルの問題があり、経済協力を勝ち取るという北朝鮮の要望もある、と位置づけたのです」

交渉の手法も変えた。それまでは衆人環視の中で行われていたが、これでは互いの情報がメディアの報道によって筒抜けになってしまう。何よりお互いが腹を割った話がしにくい。そこで田中氏が選んだのが非公式の協議を重ねるというやり方だった。交渉場所となったのは中国。土曜に日本を飛び立ち、翌日曜にかけて交渉、その日の夜に帰国するというパターンを繰り返した。

何より重要なのは誰と交渉するか、である。北朝鮮がXという人間を担当者として出してきた。北朝鮮は日本と違い、独裁国家である。政治的ポジションと権力が相関している欧米の交渉とも大きく違う。トップに君臨する金正日とXがきちんとつながり、金の信頼を得ている人物でなければ、いくら協議を重ねても時間の無駄だ。

田中氏は早速、Xの信頼度チェックに取りかかった。両者で協議して合意した事項をXが実行できるかどうか、を確かめたのだ。当時、日本経済新聞の元記者が北朝鮮にスパイ容疑で逮捕され、監禁されていた。この元記者の無条件解放をXに求めたところ、ほどなく実現。今度は北朝鮮の軍艦が韓国の船舶に対して銃撃を加えた事件に対して、韓国に謝罪するべき、と告げたところ、こちらもその通りになった。どうやら信頼できそうな相手だと判明。

一方で、相手にも田中氏自身が信頼に足る人物であることを知らしめる必要があった。田中氏は、大韓航空機爆破事件の実行犯・金賢姫と面会したことがあり、北朝鮮問題に15年間取り組んできたことなど、外交官としての経歴を洗いざらいしゃべった。そして最後にこう付け加えた。「日本の新聞で『総理の1日』という欄を見てください。あなたと会う前後には必ず小泉総理に会っているから、必ず私の名前がありますよ」。

話すだけではない。徹底的に相手の言い分も聞いた。水を向けると相手は堰を切ったようにしゃべり始めた。日本は戦前われわれの先祖を強制連行し働かせた。そういう国が謝罪もせず、われわれを敵視する政策を取り続けている限り、われわれは日本を許すことはできない、と。

「北朝鮮にしてみれば日本はかつての宗主国ですから、憎しみや屈辱感があって当然です。それを最初に聞いてあげることが人間としての思いやりだと考えたのです。結果的に、それが私の用意した大きな絵、つまり交渉の土俵に相手を乗せることにもなりました」

Xもどうやら田中氏に信頼感を抱き始め、交渉に前向きになっていった。

交渉は1年で計20数回を数え、数百時間に及んだ。あちらが無理な要求をしてきたときなど、あえて怒った様子を見せ、憤然と席を立ったこともあった。相手はこちらが折れればいくらでもつけ込んでくる。交渉の場で、「日本は日朝関係を改善する用意がある。それを進展させるには拉致問題の解決が不可欠だ」と田中氏は一貫して言い続けた。「向こうは喉から手が出るほど、お金が欲しいわけです。でも被害者を返してくれたら、お金を出すとは絶対に言いませんでした。そういう、その場を取り繕う話は絶対にやってはいけません。そもそも人の命はお金であがなえるものではないのです」。

結局、拉致被害者5人が帰国した。「訪朝は最終的に小泉さんの決断によるものでした。私との面会は交渉に行く前の金曜と帰国後の月曜と、計88回を数えました。小泉さんは責任をきっちり取れる政治家。われわれ官僚は最終的にはその責任を取ることができませんから」。

それから現在までに十数年が経過したが、拉致問題も国交正常化も進展していない。大きな絵を描き、粛々と交渉を進める田中氏のような戦略的外交官が現場にいないことも大きいのではないか。

----------

【交渉テク】
・キーパーソンを見極める
・目の前の小さな手柄に惑わされない

----------

(文筆家 荻野 進介 撮影=市来朋久)