「浦和に厳しい忠告を与えた」 韓国メディアが張本氏の“済州擁護”発言を紹介

写真拡大

ACLでの浦和と済州の乱闘騒動に、元プロ野球選手の張本氏が“喝”

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦、浦和レッズと済州ユナイテッド(韓国)の第2戦で起こった済州による前代未聞の退場劇や暴力行為は、海外メディアでも問題視され波紋を広げている。

 その一方で、済州は「浦和に非がある」と強硬に主張。そうしたなか韓国メディアでは、日本で飛び出した済州の蛮行を擁護する声を取り上げている。

「日本野球伝説、張勲 『浦和の態度、あたかも扇動しているようだった』」との見出しで報じたのは、韓国スポーツ紙「MKスポーツ」電子版だった。

「日本野球の伝説で在日同胞出身の張勲氏が、済州ユナイテッドと衝突した日本のサッカーチーム、浦和レッズに厳しい忠告を与えた」と伝えている。

 これは元プロ野球選手の張本勲氏が、TBSの番組「サンデーモーニング」に出演した際、暴行事件の被害者となった格好の浦和を批判した内容を紹介したもの。張本氏は同番組で、試合に勝利した浦和の態度に問題があったと発言していた。

済州側の主張を支持する格好に…

 120分の死闘となったこの試合で大きな問題となっているのは、延長後半アディショナルタイムと試合終了後に済州側が起こした乱闘騒動だ。浦和は2戦合計3-2と勝ち越した後、敵陣コーナーフラッグ付近でボールをキープ。ここで両チームがもみ合いになると、済州の控えDFペク・ドンギュがビブス姿でピッチに乱入し、浦和MF阿部勇樹にジャンピングエルボーを見舞うという、前代未聞の退場劇となった。

 試合終了後には済州の選手だけでなく、スタッフまでもがピッチ上で浦和の選手やスタッフを襲撃。浦和DF槙野智章をターゲットにしたDFクォン・ハンジンは、浦和スタッフに飛び膝蹴りを食らわせ、試合終了後にもかかわらずレッドカードが提示されている。

 こうした済州の蛮行について、すでにイタリアやフランス、イングランドなど各国メディアが苦言を呈している。英公共放送「BBC」など大手メディアの通信員を務めるジョン・デュアーデン氏が、「済州ユナイテッドの暴力はサッカーへの恥辱」「反論の余地などない」と厳しく批判しているが、多くの韓国メディアや済州は「浦和にも非がある」と応戦している。

 済州サイドの立場を支持する格好となった張本氏の発言は、韓国でも話題になっているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images