画像提供:マイナビニュース

写真拡大

EDGEは6月7日、内定者フォロー・新入社員研修SNS「エアリーフレッシャーズ」事業において、2017年卒向けサイトの利用者である内定者(約3万人)の状況を分析した「内定辞退傾向調査」の結果を発表した。

○内定辞退率のピークは6月

2017年卒は経団連加盟企業の選考開始時期が6月1日に変更された初年度にあたり、前年の8月1日と比較すると2カ月間の前倒しとなる。同調査で内定辞退率の推移を調べたところ、内々定の期間が長くなり各社の内定出しのタイミングが分散したことから、2016年6月(約7%弱)をピークに9月頃(約4%弱)まで高い数字となった。

同社は「6月の経団連加盟企業の内定出しで安心した採用担当者が夏場にかけて予期せぬ辞退になやまされるという構図が見て取れる」と分析している。

また入社間近の3月になって内定辞退が増える傾向もみられた。同社によると、「卒業できないという理由以外に複数内定を保持している学生が辞退の申し出をせず、入社直前になり辞退の連絡をしてくるというケースが多数報告されている」という。

採用担当者からは「社内報に新入社員紹介ページを作成したいと連絡をしたら、電話口で辞退したい旨を伝えられた」「年明けから一切連絡が取れなくなり、入社直前になりメールで辞退の意向を一方的に通告してきた」などの声が寄せられている。