東海エリア初出店となる英国ブランド「トラディショナル ウェザーウェア」は2017年9月1日(金)にオープン/※画像はイメージ

写真拡大

2017年4月にグランドオープンした名古屋駅直結の商業施設「タカシマヤ ゲートタワーモール」(通称TGM)。東海エリア初となるセレクトショップや「サラべス」など話題のカフェが出店し、連日多くの人でにぎわう今注目のスポットだ。そんな「タカシマヤ ゲートタワーモール」に、今夏新たに新店舗の出店が決定したぞ。

【写真を見る】「どんぐり共和国名古屋 タカシマヤ ゲートタワーモール店」には、等身大のトトロとネコバスのぬいぐるみを展示/※画像はイメージ

8月1日(火)には、名駅エリア初となる「ディズニーストア」や「どんぐり共和国」、人気コーヒーチェーン「スターバックス」の3店舗がオープンする。「どんぐり共和国 タカシマヤ ゲートタワーモール店」の店内にはスタジオジブリ作品のキャラクターグッズがならぶほか、等身大のトトロと、国内の店舗では初となるネコバスのぬいぐるみが設置。フォトスポットととしても注目を浴びそうだ。また名古屋限定のネコバスグッズなどが販売されるのでチェックしよう!

そして9月1日(金)には、「トラディショナル ウェザーウェア」と「CONVERSE TOKYO」の2店舗が出店する。「トラディショナル ウェザーウェア」は、1974年にゴム素材を使ったコートの製造で人気を博した英国マッキントッシュ社のブランドで、現在はアウターウェアを中心に展開している。「CONVERSE」から生まれた新ブランド「CONVERSE TOKYO」では、日本だからこそ表現できる技術を取り入れた新しいスタイルを提案する。コンバースの象徴でもある“STARモチーフ”を随所に採用し、シックで華やかなレディス・メンズのファッションウエアを多く取りそろえる。

今回紹介した新店以外にも150以上の魅力的な店が集結する「タカシマヤ ゲートタワーモール」。名駅エリアのおでかけにぜひ立ち寄ってみよう!【東海ウォーカー/淺野倫孝】