いよいよ夏の季節に突入です。だんだんと気温も高くなり、汗ばむ季節となってきましたね。こんな汗ばむ季節にはついつい冷たい飲み物をガブガブと飲んでしまうことだと思います。しかしこんな季節だからこそわたしたちは、冷たい飲み物の飲みすぎに注意しなくてはなりません。汗ばむ季節こそ冷たい飲み物による悪影響が大きい傾向にあるからです。冷たい飲み物の飲みすぎによる悪影響について紹介しましょう。

冷たい飲み物による身体への影響

確かに暑いときに飲む冷たい飲み物は、ほてった身体に冷たい刺激が突き抜けとても爽快ではあります。しかし冷たい飲み物は飲みすぎることで消化器官等の内臓に負担をかけ、血行を悪くし、過度に体を冷やしてしまいます。こうなると消化不良を起こしたり、下痢や便秘に悩まされることの他、老廃物や毒素が体内に停滞したり、ひどく疲れやすくなったり、食欲がなくなったり、冷え性に悩まされたりもします。更に冷たい飲み物の飲みすぎは夏バテの引き金となることもあります。熱いときこそおいしい冷たい飲み物ではありますが、飲みすぎることで体には余計な負担を強いることとなるのです。

汗ばむ季節のわたしたちの内臓は弱っている

とはいえオールシーズン冷たい飲み物を飲んでいる人はいます。いつも飲んでいるから平気と思っている方もいるかもしれませんが、こんな汗ばむ季節こそ冷たい飲み物には注意するべきなのです。というのも汗ばむ季節ほどわたしたちはクーラーががんがん効いた屋内で過ごし、アイスクリームやカキ氷などを食べ、氷のたくさん入ったドリンクを飲み、果てにはキンキンに冷えたビールをかっこんでいるのです。つまり慢性的に体が冷え、内臓が弱っている状態なのです。だからこそ汗ばむ季節ほど冷たい飲み物には注意が必要なのです。

時折冷たい飲み物が活躍することも

冷たい飲み物の飲みすぎには注意したいところですが、もちろん全く飲んではいけないということでもありません。冷たい飲み物は吸収が早い特徴がありますので、暑い日の外出時やスポーツ時は積極的に飲むべきです。体のクールダウンのほか、熱中症対策にも効果的なので、随時必要とあらば冷たい飲み物でも飲んでおくべきなのです。でもやはり冷え過ぎの飲み物には注意。キンキンに冷えた飲み物をガブガブ飲むことでの内蔵への負担は計り知れません。キンキンというよりは多少冷たい程度の飲み物をチョイスするよう心がけたほうが良さそうです。


writer:サプリ編集部