紫外線の肌への害に関して、メディア等で盛んに言われているので、皆さんもご存知だと思います。今では日焼け止めや日傘、UVカット機能の衣服など、たくさんのアイテムが揃っており、十分な紫外線対策をするのに事欠きません。ところがひとつ盲点がありました。私たちがよく食べる食品の中に、朝食べると日中、肌を日焼けさせ、シミを作りやすくするものがあったのです。

柑橘類が含むソラレンは日焼けしやすくする

1日の元気は朝食から、と言います。しっかり朝食をいただいてから、会社や学校に出かける方も多いでしょう。朝好まれる人気の食べ物といえば果物。特にさっぱりとした柑橘系は、朝は体がだるくて食欲がない、という方でもさっぱりと食べられて便利ですよね。しかしがっかりなことに・・・朝に柑橘類を食べるのは、控えておいたほうが良いようです。なぜなら柑橘系の果物には、ソラレンという成分が含まれているからです。ソラレンは紫外線に当たると毒性を発揮し、肌に悪影響を与え、シミを作りやすくする成分なんです。

ソラレンの光毒性とは?

ソラレンは柑橘類のみならず、一部の果物や野菜に含まれる成分であり、光に対して反応し活性化します。ソラレンは紫外線を吸収してエネルギーを蓄えていく性質があり、こうして溜まったエネルギーが肌に刺激を与えて悪影響を及ぼします。このような機能はソラレンの光毒性として知られています。ソラレンを摂取すると2時間ほどで皮膚全体に行き渡り、ソラレンが存在する肌に光が当たると光毒性が働きます。すると日焼けしやすくなるばかりか、シミ・ソバカスの原因となり、赤みやかゆみがでることもあります。

朝はソラレンを含む食品を避けるのがベスト

ソラレンを含む果物は、柑橘類など酸味のあるものが多いです。レモンやオレンジ、グレープフルーツ、キウイなどがあります。また野菜では香りの強い香味野菜、シソやセロリ、春菊、パセリなどに含まれています。そしてじゃがいもやキュウリにもソラレンが含まれています。一時期キュウリのパックが流行ったことがありましたが、パックをしたまま日に当たると、ソラレンの働きで肌にシミが出来やすくなるため、今では避けたほうが良いとされています。

紫外線の降り注ぐ日中、ソラレンの光毒性を避けるためには、朝にこれらの果物や野菜を摂るのを避けたほうが良いでしょう。とは言っても体に良い食品ばかりなので、午後以降にはしっかり摂るようにしましょう。もしも朝にソラレンを含む食品を食べたときは、日焼けしやすくなっているので、しっかり紫外線対策をしてから出かけるようにしましょう。


writer:Akina