ドイツ・デュッセルドルフで行われた卓球の世界選手権女子シングルスに出場した日本の17歳・平野美宇のある行動に、ネットユーザーが反応を示している。

写真拡大

ドイツ・デュッセルドルフで行われた卓球の世界選手権女子シングルスに出場した日本の17歳・平野美宇のある行動に、ネットユーザーが反応を示している。

平野は女子シングルス準決勝で世界ランク1位・中国の丁寧(ディン・ニン)に敗れたものの、日本勢48年ぶりとなる銅メダルを獲得。4日に行われた表彰式では、中国の3選手に並び遠慮がちに記念写真に収まる姿が初々しかった。

また、中国のスポーツ記者で福原愛とも親交のある李武軍(リー・ウージュン)氏は同日夜に平野と丁寧のツーショット写真を中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に掲載。「表彰式が終わった後、平野美宇が丁寧との記念撮影を申し出た」とつぶやいた。この時の様子は中国の動画サイトにも動画が掲載されていて、記者による写真撮影が一段落した丁寧に、平野が自ら歩み寄って記念撮影を求める様子が映っている。

李氏のツイートにはネットユーザーから「この子、試合に勝ったらぴょんぴょん飛び跳ねてすごくかわいい。自分を負かした相手に記念撮影をねだったりね」と好意的にとらえる声や、丁寧が優勝トロフィーを手にしていたことから「これは平野が(世界選手権の)優勝トロフィーに最も近づいた瞬間だね(笑)」といったジョークが寄せられるなど盛り上がっている。

一方で、その強気な発言やメディアの過剰に対決を煽る報道もあってかアンチもいるようで、「福原や石川ならうれしいけど、この子の言動はあまり好きじゃない」「表面上はかわい子ぶってるけど、裏では言いたい放題言っている」「ダブルスの試合ではネットに当てたのに一向に認めなくて、しまいには味方にまでたしなめられていたよな」「卓球ができても礼儀ができてない」といった指摘も少なくない。

賛否はあるが、いずれにしても批判や厳しい報道が出るのはその実力が認められているからこそ。中国を本当の意味で本気にさせたとも言えるかもしれない。(編集/北田)