カバンが掛けられる新発想の傘「rumbrella」

写真拡大 (全3枚)

電車のなかや荷物をたくさんもっているときなど、屋内に入ったとき途端に邪魔になる傘。雨の日にお出かけする気分が下がりがちなのは、傘を持ち歩く憂鬱さもプラスされているからかもしれません。そんななか、雨風を防ぐ以外にも役割をもった機能的な傘がありました。
手元の「r」が雨の日をラクにする
それは、手元の部分に滑らかな突起があり、重いカバンも簡単に掛けられて、雨の日の移動がラクになる新発想の傘「rumbrella(ランブレラ)」。2015年に誕生して以来、多くのメディアに取り上げられ話題になりました。通常のU型の持ち手よりしっかり握れるのもうれしいポイント。

2017年6月15日(木)には新たに、石突部分に滑り止めのゴムキャップを装着する改良が加えられた「rumbrella BASIC」が登場予定。荷物を掛けられても滑ってしまっては意味がありません。これなら、安定感のない路面で上から重さを加えても滑りにくくて安全。
rumbrella BASIC / 3,700円(税別)
見た目はシンプルだけど、さりげない工夫でストレスを軽減してくれる優秀な傘。機能的で使い勝手の良いレイングッズがあれば、雨の日のお出かけも楽しくなりそう。
[rumbrella]