大のアメコミファンを公言する
ロザリオ・ドーソン Photo by Ilya S. Savenok/Getty Images

写真拡大

 人気SFアクション「X-MEN」シリーズの新スピンオフ映画「ニュー・ミュータンツ(原題)」に、女優ロザリオ・ドーソンが出演交渉中であることがわかった。大のアメコミファンを公言しているドーソンは、Netflixとマーベルのコラボシリーズ「Marvel デアデビル」「Marvel ルーク・ケイジ」「Marvel アイアン・フィスト」で看護師クレア・テンプル役を演じている。

 20世紀フォックス製作「ニュー・ミュータンツ」は、開花したばかりの特殊能力に戸惑う若いミュータントたちの葛藤と冒険を描くスーパーヒーロー映画で、大ヒットファンタジー「ゲーム・オブ・スローンズ」のアリア・スターク役で知られるメイジー・ウィリアムズと、映画「ウィッチ」「スプリット」で注目度急上昇中のアニヤ・テイラー=ジョイの出演が決定している。ウィリアムズは、オオカミ人間に変身する能力をもち、残忍な本能と信仰との間で葛藤するスコットランド人の少女ウルフズベイン、テイラー=ジョイは、テレポーテーション能力を有するロシア人ミュータントのマジックを演じる。

 米ハリウッド・レポーターによれば、ドーソンが演じるのは医師でミュータントのセシリア・レイエス役で、若手ミュータントたちのメンター的存在だと見られている。

 「ニュー・ミュータンツ」は、「きっと、星のせいじゃない。」のジョシュ・ブーン監督がメガホンをとり、脚本はブーン監督とナイト・リーが共同で執筆。サイモン・キンバーグ、カレン・ローゼンフェルトが製作を務め、7月初旬に撮影開始する。全米公開は、2018年4月13日の予定。