BSTとミニマル・テクノロジーズ、多言語化サイト内検索に特有の「ゼロ件ヒット」解消に向け協業

写真拡大 (全2枚)

 ビジネスサーチテクノロジは自社開発のサイト内検索エンジンを、ミニマル・テクノロジーズのWebサイト多言語化開発ツール「WOVN.io」とサービス連携させる。多言語化サイト特有のサイト内検索でのエラー発生を解消する狙い。

 ビジネスサーチテクノロジ(以下、BST)は自社開発のサイト内検索エンジンを、ミニマル・テクノロジーズが提供するWebサイト多言語化開発ツール「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」とサービス連携させる。

 ミニマル・テクノロジーズの「WOVN.io」を利用することで、ECサイトのような更新頻度が高く、ログイン認証やレコメンド機能を備えた複雑な作りのサイトであっても、低コストかつ短期間での多言語化が可能になるという。「WOVN.io」で多言語化したサイトに対して、BSTのサイト内検索「ASP probo(プロボ)」を組み合わせることで、多言語化されたページも含めたサイト内全体の検索が可能になる。

 また、本サービスで多言語化したページは、自動翻訳サービスのサーバーが翻訳後のページを表示するスクリプト方式とは異なり、サービス提供先サイトのサーバーがページを表示するHTMLレスポンスとなる。そのため、翻訳後のページが日本語サイトと同一ドメインのページとしてGoogleのクローラーに認識されるため、SEO対策にも有効だとしている。

 今回の協業の背景には、国内のWebサイトの多言語化に自動翻訳サービスがしばしば利用されていることがある。こうした多言語化ページは、本体サイトと異なるドメインで表示されるため、通常のサイト内検索機能では検索対象外になりがちだいう課題があった。

MarkeZine編集部[著]