機能性表示食品のドレッシング3品を首都圏で販売開始 キユーピー

写真拡大

キユーピーは2017年7月21日、能性表示食品のドレッシング3品を新発売する。

販売エリアは首都圏の1都7県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県)。

首都圏の1都7県で

新たに発売するのは「アマニ油入りごまドレッシング」「和風たまねぎドレッシング」「レモンとアセロラドレッシング」。

「アマニ油入りごまドレッシング」はα(アルファ)-リノレン酸を多く含むアマニ油を製品中に27%配合し血圧が高めの方向けに開発された。

「和風たまねぎドレッシング」は、脂肪や糖分の吸収を抑える難消化性デキストリンを配合。レモンとアセロラドレッシング」にも同じく難消化性デキストリンを配合し脂肪の吸収を抑えおなかの調子を整える機能が期待できる。

それぞれ1日の摂取目安量20g(大さじ1杯強)で、機能成分が摂取できるという。

内容量はいずれも210ミリリットル、参考小売価格は398円(税込)。