昔からの友人と、「私たちって学生のころから変わってないよね」などと話をすることって、少なくないのではないでしょうか。でも、ふと「あれ? なんか昔と違うかも……」と思う瞬間もありませんか?
そこで今回は、アラサー女子が「大人になったな」と感じる瞬間についてまとめてみました。

1. 先輩・上司が味方になったとき

「なにかと“昔は……”と言ってきて、わかり合えないと思っていた上司。後輩ちゃんがゆとりすぎて、今ではむしろ上司が私のよき理解者。大人になるってこういうことなんだなと思います」(30代/会社員)

▽ まさに、昨日の敵は今日の友……。そして、きっとその後輩も数年後には味方になるのでしょう。

2. お酒の一気飲みをしなくなったとき

「飲み会では一気飲みばかりして酔っ払っている記憶しかない大学時代の友人と、仕事や結婚とか将来のことについて、いいお酒を少しずつ飲みながら真面目に話をしてるとき。お酒をたしなむってこういうことか、と」(30代/会社員)

▽ 学生時代の飲み会は、お酒の味などわからず、量を飲んで酔っ払うことこそが目的みたいなものでした。ですがアラサーにもなれば翌日の予定も気になるし、酔っ払って記憶をなくすより友人とおいしく飲んで語らうことが楽しくなるもの。「あぁ、変わったな。大人になったんだな」と思う瞬間ですね。

3. オシャレなお店にこだわらなくなったとき

「オシャレな個室を予約したり、ホテルで女子会をしてたのも過去。今では、おっちゃんが一人で切り盛りする屋台で飲んだり、スタッフ全員中国人の本格中華料理屋でワイワイ飲み会をするようになった。大事なのはオシャレさじゃなく、居心地のよさとどんな話でもできるお店かどうか」(20代/会社員)

▽ オシャレなお店もいいですが、オシャレなだけが全てじゃないと気づくのがアラサー。かわいい写真を撮って盛り上がれる場所よりも、リアルな相談話ができるようなお店の方が居心地よくなったりしますよね。

4. 新入社員をかわいいと思うようになったとき

「2年目とか3年目のころは、“また年下にポジションを奪われていく……”と、ちょっと複雑な気持ちもあったし、“こんなこともわからないの!?”ってイライラする気持ちも生まれてた。今では、非常識な新入社員を見てもかわいいとしか思わない」(30代/会社員)

▽ ひとつ下やふたつ下の後輩だと「同じ世代」「同士」と感じがちですが、アラサーにもなると、新入社員は年の離れた妹のような存在。同じ土俵にいない人に対しては優しくなれるんですね。

5. ムカついても顔に出なくなったとき

「新人のころ、“お客様の前で感情を顔に出さないように”と注意されていたのに、今では後輩から“○○さんって本当にポーカーフェイスですよね”と言われるほどに。彼氏にフラれた翌日も笑顔でお店に立てるくらい、よくも悪くも大人になったんだよなぁ……」(20代/会社員)

▽ 悲しいかな、「大人の常識」も身につきます。仕事ではできなくても、せめてプライベートでは素直な自分を貫きたいですよね。

一般的には「20歳で大人」とされていますが、自分のなかの変化を感じるのはアラサーの方が多いもの。そんな、アラサーならではの変化を楽しんで生活していきたいですね!