米大統領の「フェイクニュース」批判が信用できない理由

写真拡大

私は最近のフェイク(偽)ニュースまん延にうんざりしている。本物のニュースを装ってさまざまな政治勢力から発信される意図的な誤情報やプロパガンダは、日々その数を増している。ロシアから絶妙なタイミングで「デザ(偽情報)」が発信される中、真実を見つけるのは、失われたアトランティス大陸の発見と同じぐらい難しいかもしれない。

こうした情報の混乱を背景に、ロシアの大統領選妨害疑惑や、トランプ陣営との共謀の可能性がますます取り沙汰される中、フェイクニュースが大統領側の自己弁護の中核となっているのは興味深い。

先日の外遊から帰国してすぐ、大統領はこうした姿勢を明確にするメッセージを2件のツイートに分けて投稿した。「フェークニュースメディアが『情報筋によると』などとして氏名を明らかにしない時は…」「…かなりの確率でそのような情報筋は存在せず、フェイクニュース記者によるでっち上げだ。フェイクニュースは敵だ!」

もちろん、大統領の「フェイクニュース」の定義はウィキペディアの定義とはいくぶん異なる。フェイクニュースは主要メディア以外から出てくる恣意的な誤情報やデマのことだが、大統領が注目するのは主要メディアそのもの、つまり自身が敵とみなすCNNやニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストなどだ。

壮大なフェイクニュースの陰謀?

危機管理は、組織運営上の最重要課題の一つだ。なぜなら危機とは、組織が自らの存在を脅かすような極度の圧力下にある時に訪れるからだ。個人や組織がどのように立ち向かうかによって、危機が収束するか増長するかが決まることは多い。

選挙中のロシアの干渉や、自陣のメンバーがロシア側と接触していた可能性について情報を得た際、大統領は激怒して直ちに真相究明のための特別委員会を設置することもできたはずだ。しかし反対に大統領が選んだのは、そういった情報に「フェイク」とのレッテルを貼リ続け、メディアの作り話だとはねつけることだった。

しかし考えてみて欲しい。もしこのロシア問題がフェイクで、メディアによる巨大な陰謀に過ぎないとしたら、メディア全体だけでなく、議員、委員会、連邦捜査局(FBI)、米情報機関を巻き込んだ壮大かつ巧妙な陰謀だということになる。

「信用がゼロになる」

私は遠い昔(恐竜が絶滅した直後、私が実業界入りする前のことだ)、ホノルル・マガジンのジャーナリストとして働いていた。その際、編集者から叱責を受けた日のことを、今でも覚えている。

私は執筆した長文記事の中で、名前のつづりを1か所だけ間違えてしまった。編集者は強い口調で私に言った。「読者は『こんな単純な間違いをする人間は、他にどんな間違いをしているか分かったものではない。こんな人間が書くことは信じられない』と思うだろう。君の信用がゼロになってしまう。私たちの信用もゼロになる。こんな間違いは絶対にしてはいけない!」

言われたことは理解できた。編集者が100%正しく、私が100%悪かった。私は基本的なルールを守れなかった報いを受けて当然だった。しかし私がここで言いたいのは、誰が正しいか間違っていたかではなく、真面目なジャーナリストたちが一般的に持つ勤勉さや特徴だ。

たった一つの誤字ですら、編集者の(そして私の)1日を台無しにするに事足りた。そして、その頃ジャーナリズム業界で私が出会った人々は、編集者と同様、慎み深く、働き者で、正確性を大切にし、正しいことを行いたいと考える人々だった。

私が知るジャーナリストたちが完全無欠だったかというと、もちろんそんなことはない。時には失敗もあった。私は、ジャーナリズムは「歴史を初めて記録する荒削りな草稿」であるという古いことわざが好きだ。締め切りの重圧の中、不正確さは簡単に忍び寄る。しかし、意図しない不正確さは、恣意的な嘘や偽情報とは全く別物だ。

私がジャーナリズムの分野を離れて30年以上になるが、もし大統領の主張を受け入れるなら、この30年の間にジャーナリズムに携わる人々の性質が完全に変わってしまったということだろうか?

ジャーナリズムは、正確性が絶対に重んじられる分野から、病的な嘘つきばかりの狡猾な集団に変わってしまったのだろうか? 特定の政治的目標を推し進める以外への関心を失ってしまったのだろうか? とてもではないが、そうは考えられない。