WWDC 2017で発表された「iOS 11」では、近くにいる友だちに自分が接続しているWi-Fiのパスワードをワンタップで送ることができる「Wi-Fiシェア機能」が存在しており、開発者向けのベータ版をインストールした9to5Macが実際にどのような機能になっているのかを確かめています。

Easily share your WiFi with friends on iOS 11, automatically sends passwords to nearby devices | 9to5Mac

https://9to5mac.com/2017/06/06/ios-11-share-your-wifi/

iOS最新バージョンとなる「iOS 11」では、iMessagesで送金するなどのさまざまな機能が発表されました。さらに新しいiPhoneやiPadを、これまで使っていたiOSデバイスかMacに近づけるだけで、個人設定や環境設定を自動的に読み込んでくれる「自動セットアップ」といった新機能もプレビューページで公開されています。

9to5Macによると、自動セットアップの機能のひとつとして、Wi-Fiのパスワードをワンタップで共有できる「Wi-Fiシェア機能」がiPhoneまたはiPadで使えるようになるとのこと。例えば、Wi-Fiに接続されたiPadに、同じWi-Fiに接続したことがないiPhoneを近づけると、「Share Your Wi-Fi(あなたのWi-Fiをシェアしましょう)」と自動的にポップアップされます。「Send Password」をタップすると……



「Sending...」と表示が切り替わります。



数秒でiPadで接続していたWi-FiのパスワードがワイヤレスでiPhoneに送信され、iPhoneはパスワードをキーボード入力することなくWi-Fiに接続できるようになるわけです。なお、この機能を使うには両方の端末にiOS 11がインストールされている必要があるとのこと。今後は初めて自宅を訪れた友人に「Wi-Fiに接続させて」と頼まれた時に、ルーターを引っ張り出して裏側に貼ってあるシールを見せるといった面倒な作業は必要はなくなり、ワンタップでスマートにWi-Fiを共有することが可能になります。