コールドプレイ、リアムとノエルに感謝

写真拡大

日曜日(6月4日)、英国マンチェスターでの爆発事件の犠牲者を支援し開かれた公演<One Love Manchester>でオアシスの曲をプレイしたコールドプレイが、ノエル&リアム・ギャラガー兄弟に感謝した。

◆コールドプレイ画像

コールドプレイはこの日、自作の「Fix You」「Viva La Vida」「Something Just Like This」ほか、オアシスの「Don’t Look Back in Anger」、そしてクリス・マーティンはリアムと共に「Live Forever」をパフォーマンスした。

バンドは火曜日(6日)、こうつぶやいた。「@noelgallgher 日曜日、don’t look back in angerとlive foreverをプレイすることを承認し激励してくれて、ありがとう」「あなたが物理的にあの場にいられないことは、みんな、前もって知っていた。あなたのスピリットがあの場にあったことに感謝します」「そして、あれらの素晴らしい曲を僕らに貸してくれて(ありがとう)」「それに、@liamgallagherありがとう。素晴らしかった」

リアムは以前、コールドプレイに批判的で、マーティンを“地理の教師”、バンドを“学生の集まり”などと揶揄したこともあったが、日曜日に彼らの演奏を目にし、タッグを組んだことで、その評価は一変したようだ。

リアムは公演後、3FM Extraにこう話したという。「コールドプレイ、彼らがこんなに良かったことないだろ? 俺は、“なんてこった、君らは素晴らしい、これまで言ったこと全て取り消す”って言ったんだ。君らは本当にいいって」「クリスはクールだ」

リアムは、マーティンから直接電話を貰い、<One Love Manchester>に出演しないかと誘われたと言われている。

Ako Suzuki