『ZOO−暴走地区−』シーズン2

写真拡大

世界各国で動物が人間を襲い始めるという、全米で400万部を売り上げたベストセラー小説を元にしたサバイバルスリラー『ZOO−暴走地区−』。そのシーズン2のDVDリリースに合わせて、特別映像が到着した。

動物たちを暴走させた突然変異は急速に進化を遂げ、地震や火災などが引き起こされる一方、ついに人間までも凶暴化させていく...。動物行動学者のジャクソンとその親友エイブラハム、ジャーナリストのジェイミー、獣医病理学者のミッチ、フランス対外治安総局のクロエの5人がチームとなって謎の究明に挑む。しかし、動物の異常レベルは大きく変化し、人間さえも凶暴な捕食者に。元凶であるレイデン社の提案を受け、合衆国政府は動物たちを全滅させる「ノア計画」を採用することを選択。突然変異によって大きな打撃を受けたチームは、破滅へのカウントダウンを止めることができるのか?

今回到着した特別映像では、ジャクソン役のジェームズ・ウォーク(『ポリティカル・アニマルズ』)が登場し、シーズン2では登場人物の関係や、動物の脅威が「グレードアップしている」とコメント。彼の発言を裏付けるような、凶暴化した動物・昆虫が人間を襲う衝撃映像、メンバー同士の衝突といった本編映像も垣間見ることができる。この映像は当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく!

企画・脚本・製作総指揮を務めるのは、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のジョシュ・アッペルバウム&アンドレ・ネメック。『FRINGE/フリンジ』のジェフ・ピンクナー、『LOGAN/ローガン』のジェームズ・マンゴールドらも製作総指揮に名を連ねる。

キャストは、ジェームズのほか、クリステン・コノリー(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)、ノンソー・アノジー(『シンデレラ』)、ノラ・アルネゼデール(『デンジャラス・ラン』)、ビリー・バーク(『トワイライト〜初恋〜』)、アリッサ・ディアス(『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』)、ジョシュ・サラティン(『マンハッタンに恋をして 〜キャリーの日記〜』)など。

『ZOO−暴走地区−』シーズン2(発売・販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント)は、本日6月7日(水)よりリリース。同日、シーズン1のトク選BOX(4,757円+税)も発売となる。(海外ドラマNAVI)