家族や友人のiPhoneを自宅のWi-Fiにつなぐ際、パスワードをいちいち入力しなければならず、面倒に感じたことはないでしょうか。

『iOS 11』には、そのわずらわしさを解消する新機能が追加されているようです。

Wi-Fi接続済みのiPhoneに近づけると・・・

ニュースサイト『9to5Mac』によると、Wi-Fiに接続済みのiPhoneやiPadの近くに、そのWi-Fiに接続したい別のiPhoneやiPadを近づけると、Wi-Fiパスワードを共有できます。

接続済みのデバイスで承認するだけで、相手のデバイスにWi-Fiパスワードが自動入力されるので、相手のデバイスを借りる必要もありません。

Wi-Fiのパスワードを共有するには、以下の条件を満たす必要があるそうです。

iOS 11が両方のデバイスにインストールされていること片方のデバイスがWi-Fiに接続済みであること接続済みデバイスのロックが解除されていること接続済みデバイスにWi-Fiパスワードを共有したいデバイスを近づけること

パスワードを送受信するために両方のデバイスでBluetoothをオンにしておく必要があると思われますが、9to5Macの記事では言及されていません。

セキュリティを重視するなら今回の機能は使わず、来客者向けに機能制限を施したWi-Fiを用意し、それに接続してもらう方が良いでしょう。

参考

Easily share your WiFi with friends on iOS 11, automatically sends passwords to nearby devices | 9to5Mac