今秋リリースされるiOS11では、さまざまな新機能が追加されています。同時に一部設定やアカウントへのログインプロセスも簡易化されますが、iOS11を搭載する端末同士が接近すると、一方が接続中のWi-Fiネットワークをもう一方が簡単に共有できることがわかりました。

新規端末とのWi-Fi共有が簡単に

Wi-Fi共有のユーザーインタフェース(UI)は、AirPodsのペアリングプロセスのUIと似ています。
 
たとえば、1台のiPadがWi-Fiネットワークにログインしていて、もう1台のiPhoneは購入したばかりだとしましょう。どちらのデバイスにもiOS11がインストールされている場合、iPhoneのWi-Fi接続画面にはこれまで通りパスワード入力フィールドが表示されます。
 
次に、このiPhoneをiPadの近くに持っていくと、iPadの画面にiPhoneがネットワークに接続しようとしていることを示すポップアップが表れます(トップ画像)。
 
ここで「パスワードを送る(Send Password)」のボタンを押すと、Wi-Fiネットワークへの接続に必要なパスワードがiPhoneに送信されます。するとiPhoneのパスワード入力フィールドが自動的に埋まり、ネットワークに接続できるという仕組みです。
 

友人が家に来た時も便利に使える新機能

この新機能の追加により、新規にデバイスを購入した場合でも、ルーターの裏に記載されているWi-Fiパスワードを探して入力する手間が省けるようになります。友人が家に遊びに来たときにも、簡単にWi-Fiネットワークが共有できます。
 
ただしこの機能を使うには、どちらのデバイスにもiOS11がインストールされていて、かつ近距離にあり、アンロックされている必要があります。
 
ちょっとした機能ではありますが、便利に使えそうです。
 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)