「俺たち距離をおいたほうがいいかも……」「俺たち、なんだか上手くいかないよね」なんて、別れたいのか別れたくないのか、中途半端な態度を彼氏にとられたことはありませんか? 関係が冷え切っている微妙な状態になっているのに、別れてはいない……どうすべきかわからない……そんな時には、どう対処すればいいのでしょうか? あなたが彼氏と別れたい場合のベストな対応策をご紹介します。



別れたいときの対処法:自分のことしか考えていない彼氏は放置!


中途半端な関係になってしまい、もう別れたいと考えたとき。微妙な別れ話をしてくる男子って、基本的には別れたあとさみしくなることにおびえています。別れたいという気持ちと、別れたあと、俺は一人ぼっちになるのかという気持ちが心の中にあって、さみしさのほうが勝っているのです。ようするに、彼は自分のことしか考えていないわけです。ですから、そういう彼のことは放置しておいて、あなたも自分がいいように行動してしまいましょう。

曖昧にする彼氏がいけない
カップルの関係が上手くいかなくなっていることを敏感に察知するのって、決まって彼女のほうだったりしますよね? たとえば彼と別れ話になったときに、すでに次の彼氏候補を用意している女子がいたりするくらい。
対して男子は、次の彼女候補を用意している人は少ないです。用意していたとしても、次の彼女候補に「やっぱり付き合えない」と言われたり……。
現実的に、別れに際して男子のほうが条件的に不利ですが、それでも中途半端に別れ話をするなんてのは男気がなさすぎです。だから彼氏に対して「かわいそう」と同情することなく、放置してしまいましょう。

ストレートに女子の方から別れを告げよう


また、男子には自分が悪者になるのを避ける傾向があります。つまり「俺から別れようとストレートに言うと、彼女が傷つくだろうな、俺は彼女のことを傷つけたくないな」と思うワケです。これって、本当は自分が傷つくのを避けたがっているだけです。でも、男子の思考回路では“彼女を”傷つけたくないとなっています。

女子のことを傷つけたくないと考えるのって、いわば男の本能なので、「彼女のことを傷つけたくないから、俺からストレートに別れようとは言えない」と思う彼は、理屈としてはちゃんとした男子です。でも、別れなんて男女ともにつらいことです。なので、女子の方から白黒ハッキリさせるといいです。ハッキリさせないまま、男女ともに「相手が傷つくから、別れ話なんて切り出せない」と思ってズルズル時をやり過ごしていたら、いつまでも同じ状況が続きます。


男子って、別れに関しては非常に往生際が悪いです。それは、男女で抱えているさみしさの種類が違うからです。女子は別れて一人になったところで、いずれ誰かと結婚して子どもを産むということが可能だし、そもそもそういうカラダの造りになっています。
対して男子は、別れてしまえば生涯一人身かもしれません。別れに際して感じる恐怖の量が、男女で全然違うんですね。そもそも命を伝えるカラダを持っている女子のほうが、圧倒的に有利なんです。
なので、女子が主導権を握って別れるのか付き合い続けるのかを決めた方がいいのです。自分がしたいようにするといいのです。
(ひとみしょう/studio woofoo)